ダブルバインド(二重拘束)とは?意味や方法

ダブルバインドとは一体どのようなものでしょうか?

ここではそのダブルバイントの意味や脱出方法などを解説していきます。

ダブルバインドの成り立ち

そもそもこのダブルバインドとは

グレゴリー・ベイトソンが1956年に発表された造語です。

この中でグレゴリーは家族内コミュニケーションがダブルバインド・パターン(状態)が続くと

その状況におかれた人が統合失調症に似た症状を示すと発表しています。

ではここでいう

ダブルバインドパターンが続くとはどのようなことなのでしょうか?

まずはダブルバインドパターンになりうる可能性が高い状況を見ていきましょう

いつくかの条件下でダブルバインドパターンになる可能性が高まります。

それは次のような条件下でなりやすいと言われています。

①2人以上の人間が関係している
②繰り返し継続的に経験される状態である
③最初に否定的な命令=メッセージが出される
④次の命令が最初のそれとは矛盾する第二の否定的な命令=メタメッセージが、異なる水準で出される
⑤そして第三の命令はその矛盾する事態から逃げ出してはならないというものであり
⑥ついにこのような矛盾した形世界が成立しているとして全体をみるようになる

このような条件下でダブルバインドパターンになりやすいのである。

具体的な例で言うと

上司が部下に

「なんでも思ったことを話してみろ!」

と言ったのでなんでも話をしたら

「そんな話をするな」

と怒られた場合など受けてから見たら相反する命令や指示を受け取ったと感じるような場合です

他には

母親が近くにおいで〜と子供呼び寄せておいて、どんと突き放して近くに来ないでというような場合など

このような相反する命令を下された状態で、なおかつそれを状況を自分で避けることができない場合にこのダブルバインドの状態になってしまうのである。

つまりダブルバイントの大きな条件は2つ

●相反する指示や命令を受けたと感じた場合

●自分でそれを避けることができないと感じた場合

となります。ここではあくまでもそのように本人が「感じた」ということが条件になります。

自分ではどうして良いかわかない状態が続くと人は精神的に参ってしまいます。

どうしたら良いかわかない、またそれを避けることもできない場合に、人は自分自身が追い詰められていると感じ統合失調症の症状等が出てくるようになる

というのがグレゴリーの説であります。

しかしこのグレゴリーの説を聞いて、これを治療に使えないかと考えた人がいました。

それはミルトンエリクソンです。

ミルトンエリクソンがダブルバインドを利用した治療法を提唱しました

それが

「治療的ダブルバインド」

と呼ばれるものです。

治療的ダブルバインド(therapeutic double bind)とは

ダブルバインドを積極的に利用することで精神治療に役立てようとするものです。

矛盾する指示に対する二者択一的な状況に、相手を置く点では通常のダブルバインドと同じです。

しかしそのどちらを選んでもよい結果となる(勝つ)ようにする点が異なるのです。

ご自身がどちらを選んでも大丈夫と考えることが治療の一環となっている言われています。

これを繰り返すことで、本人はどちらを選んでも大丈夫だということを学び、治療に結びつけていくという手法になります。

まとめ

●ダブルバインドとはグレゴリー・ベイトソンが1956年に発表された造語

●相反する命令を受けたまたそれを避けることができないと本人が感じる状況が続くと陥ってします

●ダブルバインドを利用した治療法も提唱されている

ダブルバインド状況を抜け出せたら次は自信をつける6つを方法

ABOUTこの記事をかいた人

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック