カラーバス効果とは!?引き寄せの法則との関係

今日はカラーバス効果の説明をしていきます。

これは心理学などを学んでいる方にとっては1度や2度経験したことがあるかもしれません。

知ってしまえば

「なるほどね〜」

となるようなものですが・・・

どうしてそうなるのか?またそれをどのように生かしていくのか?

などを解説していきます。

カラーバス効果とは?

カラーバス効果とは心理学用語になります。

英語での表記は

「Color bath effect」

という表記になります。

まあ直訳すると

色まみれになる効果

となります。

やはり直訳だとなんのことを言っているのかわかりません

このカラーバス効果は人が欲しいものを得る

という教えをするために簡単に実験や検証をするために

講演や研修などで使われることがあります。

カラーバス効果を試すやり方

 

講演家
今から自分の周りの景色を見渡してみてください
講演家
ではゆっくり目を閉じてどんなものが周りにあったかを考えてみてください

ここで少し時間を取る(1、2分程度)

講演家
では目を開けてみてください。緑色のものはありますか?

緑色のものばかりが目につくようになり、びっくりする

このワークで人は日頃意識を向けていないものがある

もしくは自分自信を完璧にコントロールすることはできていない

または質問の力

などなど様々なワークとして簡単なので使われています。

主に心理学や自己啓発などを学び始めの際によく使われる手法になります。

あまりにも頻繁に誰か使いますので

ある程度学んだことのある方にはあまり驚くことはありません。

ああ〜カラーバス効果だね〜

と先に感づいてしまうからです。

ではどうしてこのカラーバス効果が引き寄せの法則として使われるのでしょうか?

カラーバス効果と引き寄せの法則

カラーバス効果とは、そもそも自分の得たい情報だけを

脳が選び、それを取得するということを指しています。

引き寄せの法則は

「本当にほしい人生」、「最高に魅力的な未来」を意識的に作り出すための方法

として多くの方がお伝えしています。

その中でどの方もお伝えしているのが・・・

ゴールの大切さです。

一体自分が何を望んでいるのか?

これを明確にする必要があるということなのですが・・・

ここで疑問が出ます

みんな
明確にしたから必ず手に入れることができるのか?

という疑問がよぎります。

ゴールを明確にするというのは・・・

なれていない方にとっては大変に感じるからなのです。

あなたの夢は何ですか?

と聞かれて明確に答えられる人がどれくらいいるでしょうか?

私の感覚だとせいぜい5%以下だと思います。

それくらい普段の私たちは考えないことになれているのです。

ゴールを明確にする意味はあるのかな・・・・

と考えている人にこのカラーバス効果を体験してもらうと・・・

なるほど〜

となる場合が多いのです。

しかしこのカラーバス効果というのは実はまだ新しい心理学の用語です。

多分ここ20年くらいの間に出てきた言葉みたいです。

今は大学の先生が論文をだしていく言葉もありますが・・・

市井の中で言葉が作られることもあるので面白い時代になりましたね

まとめ

カラーバス効果とは自分がみたいものだけが鮮明に見えるという効果

引き寄せの法則などで教える側がよく使っているワーク

まだ新しい心理学用語である

雑記

私が最初にこのワークをされた時は、

どこかの講演会だったと思います。

その際にびっくりしたことを覚えています。

マジックの種明かしみたいになるのですが・・・

何度経験してもそれはそれで楽しいので

ぜひ一度皆さんも体験してみてください。

 

ABOUTこの記事をかいた人

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック