スキャンロンプランとは?意味や解説


スキャンロンプランとは?

スキャンロンプランとは一体どのような意味なのでしょうか?ここでは意味や解説を載せております。

スキャンロンプランとは

賃金総額管理の1つの手法

という表現ができます。

もう少し詳しく書きますと

売上の変動に応じて賃金を決定する手法です。

これはアメリカのジェセフ・スキャンロン(J,S.Scanlon)が提唱した賃金決定手法の1つです。

この考え方は、今までの実績に基づいて売上に対する人件費の比率を固定する手法です。

この固定された人件費率ですので、売上が増えて人件費率が下がったり、コストの削減により生産性が向上した時はその固定さらた人件費率と実際の人件費率の差額を賞与という形式で支払うことによって、賃金の公平性を求めようとする考え方です。

賞与総額=売り上げ高✖︎固定人件費率ー毎月の賃金」

という形式になります。

ABOUTこの記事をかいた人

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック