面談の際に退職を言われた!どうする?

面談の際に退職を言われたらどうしたらよいでしょうか?

という質問を受けましたので解説です。

面談していたら退職したいと言われたら本当に嫌ですよね・・・

そんなこと言われるのなら面談なんてしなければ・・・

なんて思いそうなものですが・・・

まだ退職したいと希望を言われただけですので、完全に辞めるとまで言っていないのでまだ話し合う必要はあります。

その際にまず理解して欲しいこと退職を伝えてきた部下がどのような理由で伝えてきたのか?という把握です

その3つを解説していきます。

退職を伝えてきた場合に主に考えられる理由は3つあります。

①伝えづらい要望や願望がある

本人が意識しているしていないは別にして

退職することが自分の要望や願望をかなえようとすることです。

わかりやすい例で言えば

「あの人と一緒にもう働けません」
「今の仕事量は限界で精神的に参っています」
「子供が小さくて勤務時間が長く限界です」

などなど理由を聞いた際に、不満や困っていることを伝えてくる場合がこれに当たります。

この場合は比較的に継続して働く可能性はあります。

相手の要望や不満を真摯に受け止め、誠意ある対応をすれば会社に残って今以上び働いてもらうこともできます。

本人はやめたいというよりも働く上での条件面があっていないことを伝えているので、会社側が便宜を図ることができれば大丈夫な場合もあります。

②やりたいことがある

2つ目の退職の理由はやりたいことがあります。

という場合です。

「新しい仕事をしていきます」
「起業します」
「引き抜きがあり、新しいことにチャレンジしていきます」

などの理由です。

今現在の職場に不満があるわけではなく、自分がよりしたい仕事を選びチャレンジしていきたいという考えで退職を伝えてくる場合です。

この場合は一見すると、引き止めることが困難に感じますが・・・

私の経験上そんなこともありません。

実際に新しい仕事をどうやっていきたいのか?
本人の希望を聞いた上で今の職場でそれが可能なのかどうか?

もしくはスムーズにする際に今の社内で勉強することはないのか?

など親身になって相談になれば即退社という事態は防ぐことがあります。

③会社や上司への不信

この「会社や上司への不信」

この場合は少し厄介です。

すでに会社や上司への不信を持っていますので、この考えを翻意させるのは難しく感じてしまいます。

面談者がフォローすればするほど・・・

相手は疑問や猜疑心を強くする場合もありますので面談者としは会社や上司の不信が強い場合は、同意も反論も説得もせずにまず相手の話を聞き、次回回答するにとどめることの方が適切かもしれません

不信の原因にもよりますが・・・

気をつけていけないことは変に会社や上司のフォローをしないということです。

「上司の==さんはそんな人ではないですよ」

「会社の立場としては・・・」

「考えすぎですよ」

などは信頼関係を損ないますので注意が必要です。

まとめ

理由としては大まかに分けて3つあります。

①伝えづらい要望などがある

②他にやりたいことがある

③会社や上司への不信

主に3つの理由があります。

退職者も退職したいわけではありませんので、まずは話し合いで何がどうしたいのか?をヒアリングすることが面談の際に言われた時にできる最大限のことだと思います。

焦らずにゆっくり相手の話を聞くことができればまた色々と変化がやってくると思いますよ





ABOUTこの記事をかいた人

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック