ピア効果とは?経済学や教育心理学での使い方の違い!?

今日はピア効果について解説していきます。

ピア効果とは元々教育心理学や行動心理学などで使われていた言葉になります。

ここでいうピアとは英語で言う「peer」です。

「peer」の意味としては、仲間や同僚、同等のものなどの意味があります。

ではこのピア効果とはどのような効果のことなのでしょうか?

実はピア効果には2つの効果があります。

正のピア効果と負のピア効果です。

ピア効果とは?

元々は教育心理学や行動心理学などの研究から始まった効果検証です。

一人で勉強させるよりも、同等の知識や仲間などで学習した方が

知識の習得などに効果があるのではということを検証した結果

明らかになった効果です。

アメリカの実験ですが

自転車を単独で走行した場合と

自転車を数人で競争した場合を比較すると

競争して走行した場合の方が早かったという実験です。

単独の場合が手を抜いていたということではなくです。

この実験結果から私たちは相手に負けたくない問いう心理が

モチベーションになり、その結果思った以上の結果を出すということなのです。

さらにこのピア効果は面白いもので、

個人戦よりもグループ戦に強さを発揮します。

詳しく書きますと

個人で行う作業よりも、グループで行う作業で方が圧倒的に

効果が高かった

ということです。

つまり同じゴールに向かう仲間がいるほど

作業効果が高くなるということなのです。

ただ競い合いにもそれぞれ条件があったりします。

誰とどう競い合うのか?それが重要になるのです。

良い緊張感がないとこのピア効果は発揮されないと言われています。

例えば、競い合うにしてもあまりにも実力差があり。

勝負が最初から見えている場合などはピア効果は発揮されにくいのです。

「真剣にせずとも勝てる」「どうせ勝てない」

などの思いは緊張感が高まらないからかもしれません。

しかし良い競争相手や仲間がいれば作業効率は著しく上がるのです。

ここまで書くいいことづくめのようなきがする

ピア効果

多くの作業を同じレベルの方同士を切磋琢磨させれば効果が高いのでは?

と思いがちですが・・・

実はこのピア効果先ほど述べたように

正のピア効果もあれば・・・

負のピア効果もあるのです。

では負のピア効果とはどのようなものなのでしょうか?

負のピア効果とは?

正のピア効果はお互いの実力が近いもの同士を競争させ

作業効率を上げていく効果となりますが・・・

ピア効果が作用しない場合やむしろ逆に良くない効果が出ることを

負のピア効果

と言います。

例えば

競争相手が適切でなかったり

競争期間が長く常態化したり

競争する指標が適切でなかったり

と一言に適切な競争と言いますが、

以外と実際にしてみると無理があったり、

不公平感があったりと意外と難しかったりするのです。

人によって立場や環境が同じように見えても・・・

それぞれ違いますから安易な競争ばかりを促すと・・・

その競争に嫌気がさし、生産性が上がるどころが落ちていく

ということがままあるのです。

この生産性が落ちていくことを

負のピア効果といいます。

職場や会社で行われやすいことは

競争に賃金を反映させていくということです。

間違っているわけではありませんが、

適切に対応しないと

正のピア効果ならず負のピア効果にしかならない状況に

なってしまいますので注意が必要です。

まとめ

ピア効果とは同じレベルのもの同士が切磋琢磨することで生産性を上げることを言う

ピア効果には正のピア効果と負のピア効果がある。

上手に設定しないとメリットよりもデメリットの方が大きくなっています。

ABOUTこの記事をかいた人

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック