ノーマライゼーションとは?意味や8つの原理

ノーマライゼーションとは福祉業界で定着された言葉です。

最近は福祉業界だけでなく、一般の社会でも浸透されてきた言葉になります。

意味としては大きな意味で言いますと

社会的マイノリティや社会的に弱者と言われている人たちが一般的な人と同じ普通(ノーマル)の生活や権利が保障されるよう、環境を整備すること言えます。

簡単に言えば、社会的な弱者の環境整備を整え、普通の生活が送れるようにすること

です。あくまで環境であって、社会的な弱者をノーマルな人にしようという考え方ではないということです。

ノーマライゼーションの提唱者

ノーマライゼーションの有名な提唱者はの「ベンクト・ニィリエ」です。

もともとデンマークの1959年に法律に盛り込んだ「ノーマライゼーション」というのが語源だったりします。

語源としては「ノーマル」と「ライフ」を掛け合わせた造語からスタートされたと考えられます。

ではノーマライゼーションではどのなことを大切に考えているのでしょうか?

ここではベンクト・ニィリエが唱えてノーマライゼーションの8つの原理につてい解説していきます。

ノーマライゼーションの8つの原理

ベンクト・ニィリエは、ノーマライゼーションを実現するためには、8つのことが必要である。ということを言っています。

この8つを実現できればノーマライゼーションが成り立つということを示しました。

主に4つ4つに分けています。

1つは生活リズムなどに関する原理

もう一つは

経済環境などに原理です。

ではそれぞぞれを簡単に説明します・

生活リズムなどのライフサイクルにおける原理

●1日の適切なリズム

1日1日の生活リズムが一般的な人たちと同じように朝起きて、夜寝るというリズムなどを指します。

●1週間の適切なリズム

1週間の生活リズムが適切に行われていること

●1年間の適切なリズム

1年の生活リズムが適切に行われていること

●ライフサイクルの体験

一般の方が経験するような体験を多くすることができるのかということ

経済環境などに関する原理

●自己の要求と自己決定の尊重

自分が要求することと自己で決定できることなどが尊重されているということ

●異性と関わり

同棲ばかりではなく、異性と適度に接することができる生活環境であるかどうか

●経済水準

一般的な方と同じような経済水準を確保できているかということ

●環境水準

劣悪な環境などではなく、一般的な方と同じような生活環境を確保できているのかということ

ノーマライゼーションのまとめ

●社会的な弱者が一般的な生活環境になることをいう

●社会的な弱者の環境整備を整え、普通の生活が送れるようにすること

●現段階では課題も多く達成されているとは言い難い

ABOUTこの記事をかいた人

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック