生涯発達の4人の理論(ユング/エリクソン/レビンソン/スーパー)

生涯発達の4人の理論(ユング/エリクソン/レビンソン/スーパー)

発達障害の理論を構築した主な理論は4つになります。その一人一人を説明していきます。一人目はユング、2人目はエリクソン、3人目はレビンソン、最後がスーパーとなっています。今日はこちらの説明をしていきます

ユングのライフサイクル論

カール・グスタフ・ユング(Carl Gustav Jung)は、スイスの精神科・心理学者。深層心理について研究し、分析心理学(通称・ユング心理学)を創始した人なんですね〜

ユング先生は、人の一生を1日の太陽の信仰になぞらえ、40歳を人生の正午と呼び、人生を日の出から日没までの4つの時期に分けました。まあ40歳が人生の正午というのは現代でおいてはピンときますね

ユングのライフサイクル論ユングは、ある時期と時期の間には転換期と呼ぶ「危機」があるとし、人生の午前から午後への移行期である中年期の転換期を人生最大の危機と考えた。

俗にいう男性の厄年などがここに当たる場合が多いような気がします

人生の午後における課題は、人生の前半で排除してきた自己を見つめ、それを自己の中に取り入れることであると考えた(個性化のプロセス)

ユングについてはこちら→

ユングって何もの?心理学においてのユング

エリクソンの心理社会的発達論

エリク・ホーンブルガー・エリクソン(Erik Homburger Erikson、)は、アメリカの精神分析家で発達心理学者です。

エリクソンの詳細は→こちら

「アイデンティティ」の概念、エリクソンの心理社会的発達理論を提唱したことで知られる。

有名な「アイデンティティ」このエリクソンが提唱してたんですね〜

エリクソンはアイデンティティ(自我同一性)の概念を提唱しました

アイデンティティとは、時を越えて自己が同一である、連続であるという主観的な感覚であり、人生全般以下変わる課題として捉えた

アイデンティティを基軸として8段階からなる個体発達文化の次式を示した

エリクソンの個体発達文化の図式アイデンティティの確立と拡散

青年期では「自分は何者か」「自分の目指す道は何か」「自分の存在意義はなにか」という自分を社会の中に位置づけることが重要なテーマとなる

前の学童期では、他人の考えや行動などを受け入れ、その人のように振る舞ったりしてきた(同一化)

青年期では、現実社会の中で特定の役割や価値観を体得し、「本当の自分」を選択して自己定義してゆく(アイデンティティの確立)

青年期に、アイデンティティが確立されないと、自分自身のあるべき姿がわからなくなったり、意識的に選択しようとする自己と現実の自己との間に矛盾や葛藤が生じて、アイデンティティの拡散、混乱に陥りやすくなる

レビンソンのライフサイクル論

レビンソンはユングの流れを汲み、成人期の発達をライフサイクルの四季になぞらえ、4つの発達期を得て進んでいくとし、各発達期の間には、過渡期が存在すると考えた

過渡期は通常4ないし5年をかけて、それまでの生活の基本パターン(生活構造)を根本から見直し修正しなければならない時期を示し、発達期をつなぐ役割を果たす

4つの発達期

児童期と青年期(0〜22歳)
成人前期(17〜45歳)
中年期(40〜65歳)
老年期(60歳以降)
32レビンソンは成人の発達が生活構造の安定期と過渡期とが交互に現れ進んでいくと考え、そのどちらも発達課題があると考えた

安定期の発達課題は、幾つかの重要な選択を行い、それを中心に生活構造を築き、その中で自分の目標と価値観を追求することです

過渡期の発達課題は、それまでの生活構造を見直し、自己及び外界を変えるさまざまな可能性を模索し、次の安定期に備えて新しい生活構造の基盤となる重要な選択を行うことです。

 

スーパーのキャリア理論

キャリア発達は、職業的自己概念を発達、実現していくプロセスと考え、職業的発達段階論を提唱した

各段階では達成すべき課題がある

課題を達成すれば次の段階の課題達成の基礎を築くが、課題に取り組むことを放棄した場合は、後の段階での課題達成を困難にする。

キャリア発達は、段階上の直線的な変化だけでなく、移行期では成長・再探索・再確立といったミニサイクルをえて、らせん状に発達していくと考えた

成長段階(誕生から14歳)の課題

どのように人なのかについて考えを発達させる。仕事世界への嗜好性や働く意味の理解を発達させる

探索段階(15から24歳)の課題

職業的好みを実行に移す。現実的な自己概念を発達、より多くの機会についていっそう学ぶ

確立段階(25から44歳)の課題

希望する仕事をする機会を見つけ、他者とか関わり、職業的地位の安定を築く

維持段階(45から64歳)の課題

自らの限界を受容する。働き続ける上での新たな問題を明らかにし、本質的な行動に焦点をあてる。獲得した地位や利益を保持する

解放段階(65歳以降)の課題

職業以外の役割を開発する。よい退職時点を探す。常々やりたかったことをする。労働時間を減らす。

このような理論を説いたのがスーパーと言われた方です。

ドナルド・E・スーパーってすごい人だった

ABOUTこの記事をかいた人

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック