ニューロロジカルレベルとは?意味や内容

ニューロロジカルレベルとは?

ニューロロジカルレベルとは一体どのようなものなのでしょうか?

今日はこの「ニューロロジカルレベル」を解説していきます。

ニューロロジカルレベルの提唱者 ロバート・デユルツ氏

このニューロロジカルレベルの提唱者は

ロバート・デュルツ氏です。

この方はNLPの代表者の一人です。

ロバート・ディルツ氏が、人間が物事をどのように捉えているのか解説するために、その捉え方を6段階に分けました。

その6つとは

rsadbytzvgfkyjfruozauld_wbc0gpkw-_ylta2riouanw_pxbfwaf1mdofx7_ylux3odmtayn3vldmc1bdad_ylcx3idmgrmc3qdmarpzhgdmarvawqdqu5koudju0fpcldxcgpvrufvsge5u0xqy1atdjrfs0qxnxlra2e1qu5lzhm2zhntbmp6s3bwcmd①環境レベル
②行動レベル
③能力レベル
④信念・価値観レベル
⑤セルフイメージ
⑥スピリチュアル

 

この6つの段階のどこにクライアントのセルフイメージがあるのか?

を理解することができれば、効果的なNLPコーチングを行う時とても助かります。

というのは、クライアントのセルフイメージがこの段階が変容することによって、クライアントの感情が劇的に変わっていくからです。

そのためにもまずはこの6つの階層を理解していくことは大切です。

ではNLPのニューロロジカルレベルの6つの段階はどのようなものなのでしょうか?

では早速ニューロロジカルレベルを見ていきましょう。

6段階から構成されています。

①環境レベル
②行動レベル
③能力レベル
④信念・価値観レベル
⑤セルフイメージ
⑥スピリチュアル

この6つの段階からNLPのニューロロジカルレベルが構成されています。

では1つづ説明していきますね

「環境」は、
周りの環境、見えるもの、聞こえるもの、感じているものと言われています。
ここでは主にWhere?(どこ?)When?(いつ?)を意識するレベル。

「行動」は、
行動、振る舞いなど、What?(何を?)を意識するレベル

「能力」は、
才能、能力、リソースなど、How?(どのように?)のレベル。

「信念・価値観」は、信念や価値観、信じていること、思い込みなど、
Why?(なぜそれが大切か?)を意識するレベル。

「自己認識」は、
自分は何者であるか、自分の役割・ミッション、Who?(私は誰?)のレベル。

「スピリチュアル」は、
宇宙や地球、地域社会・職場・家族などの中での自分、Being(在り方)のレベル

このニューロロジカルレベルを意識することがとても大事です。

自分自身が今どこにいるのか?

を理解していけば次に必要なものが見えてきます。

しかし上のレベルにいくには自分の今までの考えを一度変える必要性があるのですが・・・

これが正直なかなか怖いのです。

ですからこのお手伝いをしていくことが求められます。

また自分が上のレベルの方は下の方のフォッローはしやすいですが・・・

逆は非常に難しいと言われています。

このようなことも考えてこのニューロロジカルレベルを見ると

また多くの気づきがあるのかもしれませんね。

まとめ

●ニューロロジカルレベルとはロバート・デュルツ氏が作った考え方

●6つの階層になり環境から、行動、能力、信念・価値観の順に上がっていき、頂点であるアイデンティティーを目指していきます。

●普段自分がどこにいるのか?と考えるよりも次にどこに進みたいかを意識することが大事。

では他にも自分のパターンを見つけれるものがあったりするのでしょうか?

絶対知っておくべき自分の得意な感覚器官!
→これを知ってれば勉強方法も変わってくるぞ!

ABOUTこの記事をかいた人

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック