面談はスカイプでも大丈夫!

今日は面談の方法を幾つか解説します

面談と聞くと多くの方が1対1で行うと思いになると思います。

確かにその通りです。では1対1でやることは前提としてどのような面談の種類があるのでしょうか?

ここでは3つのやり方のそれぞれのメリットデメリットを解説していきます

対面での面談

これは一番皆様なが想像しやすい対面での面談です。

近くの職場にいる上司部下などが会議室や職場の一角で行われる面談の方式で

お互いに顔を突き合わせて行う面談の方式です。

多くの職場などではこの対面方式が多いのではないでしょうか

対面方式のメリット・デメリット

対面方式のメリットとしてはお互い対面で会いますので、細かな点に気づくことができることです。

よく観察していますと、ちょっとした仕草や声のトーン、姿勢や顔色などを観察することができますので

言語外での情報取得にはとても優れている方法です。

また信頼関係ができていれば、話も深化しやすいです。

音声が聞き取れないなどのトラブルもありませんので一番安全でスムーズにできやすいのがこの対面での面談になります。

しかしその反面デメリットとしては、細かな情報に気がつくあまり、面談相手が不機嫌な態度や声などを敏感に感じ取りやすいことや

対面ですので感情的になりやすいという面がデメリットとして上がってきます。

Skypeなどでのオンラインでの面談

これは最近はいろいろ使われだしましたオンラインでの面談方式です。

通信速度の質の向上でオンラインでの面談も増えてきました

本部と地方、本店と支店などお互いが離れていてもネット回線が繋がっていればすぐにできるオンライン上での面談には幾つかメリットがあります。

メリット1 距離の制約がない

オンライン上で行いますので距離が遠い近いの制約がありませ

距離に関係ないので、どこでも面談することができます。

メリット2 移動が必要ない

自分のいまいる場所からスカイプなどができますの

わざわざ移動する手間が省けます

メリット3 記録に残しやすい

3つ目は記録に残しやすいです。

オンライン上では面談の内容を電磁記録で記録できるのもありますので、お互いがどのようなことなどを話していたのかを事後に確認することも可能です。

3つの主な理由によりオンラインでの面談は今後も増えていくと考えられています。

デメリットしても幾つか挙げられます。電波状況に左右されやすいという点や情報漏洩が起こりやすいなどがあります。

対面の面談でしたなら他の方へ聞こえない場所などを確保してしますが、できなかった場合にカフェやホテルなどで行えば多少の情報の漏洩が起こる可能性があります。

他には表情までは見えにくい、機材トラブルが起こりやすいなどが挙げられますが、以前ほど大きなトラブル等は少なくなったように感じます。

電話での面談

私個人がたまに使っている電話での面談形式です。

あまり一般的ではないにですが、電話での面談でもメリットがありますので解説していきます。

メリット1緊急性への対応ができる

何が突発的なことが起こった場合など緊急を要する際には対応ができる

例えば私の例では、部下が精神的に参って突然泣き出したとか・・・

いきなりパニックになって自暴自棄になっている

などなど多くの突発的な行動に立つことがあります。

その際の方へのフォローの場合、お互いに顔が見えない電話の方がスムーズに相手も冷静に対応できる可能性が高くなります。

自分が参っている際には誰にも会いたくない

という気持ちがあったりするからです。

ですので緊急の場合などで電話などが有効だったりします。

他には忙しい方の場合に車の運転中などでの面談をしたりしますので

電話もそれなりに有効な手段だったります。

まとめ

面談には主に、対面、スカイプ、電話の3つのやり方があります。

私てきには対面が一番ミスが少なく、その次がスカイプその次が電話という順になっていきます。

同じクオリティーのものを提供するには対面が一番適しているとは思いますが、相手の状況次第になりますので、電話やスカイプなども活用してみることをお勧めしています


ABOUTこの記事をかいた人

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック