希少性の法則(原則)とは?

今日は希少性の法則(原則)とはどういうものでしょうか?

これは有名な法則ですのでもしかしたら聞いたことがあります

この実験は社会心理学者のステファン・ウォーチェルが行った次の実験が有名です。

ステファン・ウォーチェルの実験

希少性の法則(原則)の実験で有名なのは

瓶の中にクッキーを入れ、それを被験者に食べてもらい、

その結果「味」を評価してもらうという実験です。

いたってシンプルです。

具体的には

残りが20枚のクッキーの瓶と2枚のクッキーの瓶

を用意します。

1つのグループには20枚の瓶のクッキー

もう1つのグループには2枚のクッキーの瓶

を渡し美味しかったかどうかを確認しました。

その結果2枚のクッキーの瓶を食べたほうがクッキーを好意的に捉えたという実験結果が出ました。

この希少性の実験から

少ないものに貴重性を感じやすく、

その結果それを高評価しやすいということが結果として出ました。

この実験では人は人は希少性があるものに価値を感じてしまうといいうことです。

ではなぜ?そうなるのでしょうか?

ここで私の解説をしていきます。

人は希少性に価値を感じる理由

まずニーズから見ていきましょう

ものが少ないといういうことは幾つかのニーズが刺激されます。

希少性を感じるニーズ①重要感

私たちは重要感というニーズがあります。

詳しくはニーズの説明のところを見てください

シックスヒューマンニーズの詳しい説明はこちら

この重要感のニーズは簡単に言うと

この欲求は認められたい、褒められたい、尊敬されたいという欲求になります。

希少性のものを手に入れた場合多くの方から敬意をもらいやすいのです。

例えば・・・

この時計は世界で100本しかなく、すべての時計にシリアルナンバーが入っているんだよ〜

などと相手が伝えてきたら多くの方が

本気で思う思わないは別として

「すごいですね〜」
「やるね〜」
「かっこいい〜」

などの重要感が満たされる言葉を投げてくるのです。

ニーズとして重要感はとても強く出やすいニーズですので

そのために希少性があるものを集めるという行為が行われやすいのです。

それがコレクターなどにも通じるニーズになるのです。

これが1つ目のニーズ「重要感」が刺激される理由です。

希少性を感じるニーズ②不安定感

ニーズとして考えられる2つ目のニーズは「不安定感」です

不安定感というのは簡単に言うと「わくわくドキドキ」というニーズです

少ないものが手に入るかもしれない

そう思うとドキドキワクワクするというニーズです。

子供が競争するときにワクワクドキドキを感じるように

希少性のものが手に入れようとすると競争しているような感情を覚え

ワクワクするという「不安定」のニーズが刺激されるのです。

希少性を感じるニーズ③安定感

3つ目に考えられるニーズとしては「安定感」です。

変化を嫌うニーズになります。

なぜこのニーズが希少性に価値を感じるようになるのか?

と言いますと・・・

例えば今までコレクターとして多くのものを集めていました

その際に希少性のものが手に入りそうな場合

今まで手に入れてきたので当然それを手に入れよう

というする感じです。

今までしてきたのだから・・・

それをしないという行為が気持ち悪くなるのです。

ですからいつもと同じように手に入れようとする

「安定感」のニーズが刺激されるのです。

希少性を感じるニーズ④愛つながり

4つ目に考えられるニーズは「愛つながり」のニーズです。

「嫌われたくない」というニーズです。

これが希少性に価値を感じるのニーズになる場合というのは

周りの方がみんな持っていたりする場合です。

例えば希少性が一般に高いものだとしても、

自分の周りの方が持っていてその希少性の話を楽しそうにしていたり、

その希少性のもの自体を使うものだったりすると

希少性のものを持っていない場合、その方は話の際には少し蚊帳の外に置かれたり、

もしくはそのものを使って遊んだりする場合は疎外感を受けてしまいます。

この「愛つながり」のニーズは一緒にいたいや嫌われたくない

というニーズになりますので、

もし手に入れられなかったら・・・

と思うと感情が刺激されて希少性のものに対して価値を感じてしまうのです。

まとめ

希少性の実験の元になったものはステファン・ウォーチェルの実験

ニーズとして4つのニーズが主に刺激されます。

重要感・不安定感・安定感・愛つながり

他にも「成長」「貢献」のニーズもなくはないですが・・・

希少性に価値を感じるという場合では少し弱いかな?と思ったりします。

まあ簡単に言いますと

希少性のものを手に入れることで

・すげえ〜と言われたい
・めっちゃ楽しい
・ホッとした〜
・嫌われなくて済む

というそれぞれのニーズが刺激されるということです。

この中で何か1つというわけではなく、複合的に刺激される場合が多く

そうなると・・・

何が何でも欲しい〜

となるのです。

個人的には一番最初の手に入れることで周りから自分自身から

俺ってすごくない!?

と思えることが希少性に価値を感じる一番の理由なのでは?

と思っております。

ABOUTこの記事をかいた人

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック