リテンションとは?意味や解説

リテンションとは?

リテンションとはどのような意味なのでしょうか?

ここではリテンションの意味の成り立ちを解説していきます。

リテンションの成り立ち

もともとリテンションとは英語表記で

「retention」

となります。

意味としては「保留、保有、保持、維持、保持力」となります。

日本ではリテンションという意味は2つで使われます

1つはマーケティング用語、もう1つは人事用語です。

2つのリテンション

マーケティング用語のリテンション

マーケティング用語としての「リテンション」の意味としては

「既存顧客の維持」

という意味になります。

顧客が一度離れてしまうととっても苦労します。

取引がなくなった会社とまた取引するのは新規の顧客獲得よりかは

やさしいですが、それでも大変です。

新規ならなおさら大変です

新規に顧客を開拓することは非常にコストがかかります

正確には「1:5の法則」と言われています。

私たちの企業活動ではいかに既存顧客を維持していくことが、企業の存続には重要だと言われています。

新規顧客ばかりを追っていたらコストがいくらあっても足らないからです

リテンションとはこの意味も含め「リテンション・マーケティング」と呼ばれています。

既存顧客との安定的な関係を維持していくための手法をリテンション・マーケティングと呼び、
または経営用語として用いられたりしています。

また企業等における人材の定着を試みる活動のことをリテンションと呼ぶこともあります。

では人事での「リテンション」とはどのような意味があるのでしょうか?

人事労務用語のリテンション

人事労務でいうところの「リテンション」とは、

企業にとって必要な人材や優秀な社員を企業内に留めるための様々な施策のことを言います

リテンション戦略と呼ばれるものです。

主な目的としては、社内での優秀な人材を自社に確保しておくための施策のことです。

多くの企業が成果主義によって「リテンション」をしようと試みました

しかし実際に退職が減ったかというとそういうわけではありませんでした。

これにより「リテンション」とは単に報酬だけでなく、その企業でのやりがいや安心感などの様々な要素の組み合わせで対応することが必要である言われています。

ワークライフバランスの実現など報酬にとらわれない働き方を望む方が増えてきています。

ここでは人事マネジメント用語のリテンションをもう少し詳しく解説していきます。

リテンションの具体例

では具体的なリテンションの施策としてどのようなものがあるのでしょうか?

様々な年代を一緒にするのは少し乱暴かもしれませんので

ここでは若手と限定して解説していきます。

主な人材のリテンションの施策としては

社内コミュニケーションの活性化

これは色々な方法が考えられます。

飲み会を増やしたり、もしくはお茶会をしたり、誕生日をお祝いしたり

コミュニケーションのセミナーを一緒に受けたりと社内の人間関係を

よりよくしようとする取り組みです。

待遇改善

これはシンプルに職場で働く人の待遇の改善です。

休日出勤をなくしたり、給与を上げたり、残業を減らしたり

手当を増やしたり

職場で働く人の待遇の改善です。

職場環境の向上

職場の環境の向上です。

職場環境の向上と聞くとピンとこない方も多いかもしれません

しかし実際に働く人に聞くと小さな不満が出てきます。

ここが無駄、これは必要、ここを変えて欲しい

など職場環境を改善することでより多くの方が仕事の集中出来るのです。

まとめ

リテンションにはマーケティング用語の意味と人事マネジメントの用語の意味がある

人事マネジメント用語のリテンションは退職をさせない施作のことを言う

具体的な例としては、社内コミュニケーション、待遇改善、職場環境の向上などが具体的な方法となる

ABOUTこの記事をかいた人

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック