ナラティブアプローチとは?意味や解説


ナラティブアプローチ

ナラティブ分析とはそもそもどのようなものでしょうか?ここではナラティブアプローチの意味や解説を書いております。

ナラティブラプローチの意味

ナラティブとは、日本語訳では「語り」という表現になります。

またその他にも「説話」、「話術」、「語り口」などと訳されています

またアプローチとは、日本語訳では

(場所的・時間的に)(…に)近づく、近寄る、接近する、(性質の状態・数量などで)(…に)近づく、近い、(…に)似てくる、話を持ちかける、交渉を始める

となっています。

ナラティブ・アプローチとは、ですから次のように表現できるかもしれません

『語りを通して近づく』

直訳するとこのような表現になります。

ナラティブアプローチは1990年代に開発され発展してきた新しい心理療法・心理支援の1つになります。

最近注目されている心理療法になります。

開発された目的

今までは対人セッションにおいては、どうしてもカウンセラーやコーチなどの専門職の方と、クライエント(相談者)の間には大きな力の差が存在していました。

ですからクライエントは、ついつい専門職の方の意見や助言があるとついつい自分の気持ちにそぐわないとしても同意し実行しようとします。

しかし、もともと弱っている場合や困っていることなので、実行しようと思うがなかなかできない

その結果さらに自己嫌悪に陥ってしまう

「どうして自分はできないんだろう・・・」
「こんなこともできないなんて・・・」
「約束を守れたなかった・・・」

このような悪循環がいつもあるとは言いませんが存在しました

対人支援を行ったことのある方なら一度や2度経験があるかもしれません

「誘導」してしまったかもしれないと・・・

この悪循環を断つために開発されて心理支援がナラティブアプローチです。

このナラティブアプローチを別の表現をすると

「専門職の方が専門性を捨てる」

となります。

少しオーバーな表現になってしまいましたが・・・

もう少し正確に丁寧に書くと

「専門性を横に置いておく」

ということなのです。

専門家が専門知識を使わない

これは自尊心が強い専門家には辛い考え方になるかもしれません

もしこれが本当なら

専門家は要らないのでは?

と考えが飛躍するとこの理論になるからです。

しかし私は専門家がいらないとは思いません。

専門家は専門家なりのロジックや知識があるからです。

カウンセラーなら絶対知っておきたい4つのプロセス!

何もナラティブアプローチの手法だけを使う必要はなく、専門家の知識でクライエントはうまくいくならそれはそれで良いことだと思います。

「やるって言ってるのにしないな〜」
「どうしてもうまく進まないな〜」
「嘘を言ってるのでは?」

などと思った時にこのナラティブアプローチという手法を使うのが良いのではないでしょうか?

クライエントはまだ自分でもわかっていない障害があるのかもしれません

一緒にそのことを探していき進めれたら良いのではないでしょうか?

私自身はこの手法は素晴らしい手法だと思っております。

まとめ

●ナラティブアプローチとはよりクライアント本来の力を信じるということ

●専門職の方が専門性を捨てるということ

カウンセラーなら絶対知っておきたい4つのプロセス!

ABOUTこの記事をかいた人

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック