ストレスコーピングとは?意味や解説


ストレスコーピングとは?

ストレスコーピングとは一体どのようなものなのでしょうか?

ここではストレスコーピングの意味や解説を載せております。

コーピングは現代のストレス理論の基礎をつくった一人である

リチャード・S・ラザルス」

が提唱した考え方です。

リチャード・S・ラザルスはストレスを改善するためには次のことが必要だと言っています

・ストレス因子をストレスであると認知的に評価すること
・そのストレスに対処すること
・その結果を見届ける
・適切な情報を収集する能力
・より良い対処の仕方を生み出すため、
・問題の所在を明らかにする状況分析能力
・様々な対処の方法を選び、実践する能力 など

コーピングには、おもに2つの種類があります。

1つは問題解決中心の「問題焦点型」

2つ目は感情中心の「情動焦点型」

の2つです。

問題焦点型の行動は、ストレッサーそのものを解決すべき課題と評価し、直接働きかけて問題を明確にしたり、改善したりするものです。

しかし実際は、自分の考えや意見を相手に伝えようと努力してもその時や状況が意見を伝えることを許さなかったり、仮に伝えられたとしても本意が伝わらなかったり、思うように事態が好転しなかったりするケースが、現実には少なくありません。そうなるとかえってイライラが募り、ストレスを悪化させることに。それが問題焦点型の欠点です。

もう一つの情動焦点型は直面する問題を「それほど大したことではない」あるいは「いまはどうすることもできないな〜」と事実を受けとめて、原因となるストレッサーよりも、むしろそれに対する感情的な反応をコントロールしようとするのが「情動焦点型」です。

どちらが良い悪いということはなく、その場その場で自分で選択できることが望ましいと言われています。

ABOUTこの記事をかいた人

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック