サクセッションプランとは?意味や解説


サクセッションプランとは?

サクセッションプランとは一体どのような意味なのでしょうか?

ここではサクセッションプランの意味や解説をしております。

英語表記では『Succession plan』または『Succession planning』と表現されます。

サクセッションプランの意味は「後継者育成計画」のことです。

経営陣などの重要なポジションの次世代の後継者を見極めをし、その人物を育成することを指します。

しかし昨今は時代の移り変わりで、その元々の意味だけでなく、ビジネスにおいてのチャンスを逃さぬようにするためにや思いがけないビジネスリスクを回避するために優秀な人材を育成しておく施策全体のことを指し出しています。

サクセッションプランは主に人事部よりも経営層などの企業における幹部の関与が高く、企業が永続的に発展し存続し続けるための最重要課題の一つの施作と言えるのではないでしょうか?

では具体的にどのようにサクセッションプランを行っていくことができるのでしょうか?

ここではサクセッションプランの手順をご説明します

①企業においてのビジョンや目的などの経営戦略の定義化

②経営戦略実行における必要なものや最重要であるポジションは何かなどの確認

③人材のリストアップ(必要となる知識やスキルはなになのか?またそれに必要な性格や振舞い方や人間力など)

④①〜③に当てはまる人材の選抜

⑤選抜した人材を望むべきポジションへ登用するための育成プランの作成

⑥①〜⑤を確認後再度修正しまたブラッシュアップ

このような手順が求められます。

しかしサクセッションプランニングはあくまで「人」ありきな戦略です。

頭でっかちにならず、この人なら次代の経営陣を任せられるというある種、経営陣による見極めが大事になってきます。

また

サクセッション・プランに関するアンケート」と呼ばれる日本取締役協会が公表したアンケート結果では

企業194社のうち、回答のあった45 社は、

緊急時におけるCEOの後継計画があると言っている割合は8社

2割弱しかCEOの後継計画がないということになります。

おそらく中小企業も含めますと・・・

もっと後継計画を策定しているところは少ないことが考えられます。

中小企業は親族経営の場合も多く、それゆえにいかに後継計画を作ろう

にも親族にバレる可能性もありますし、親族紛争になりかねません

親族ゆえに簡単に負けたほうが会社を去るということもできにくく

どうしても厄介な問題になりやすいために後回しにしやすいものです。

しかし逆の場合もあります。

本家筋の長男がとりあえずCEOになるという規定路線がある場合も多く、

周りが支えれば意外とあっさりと済む場合もあります。

どちらが良いといわけではありませんが・・・

すんなり決まっているところは、事前に親族で後継計画ができている

場合も多いような気がします。

まとめ

サクセスセッションプランとは?

・次世代の後継者を見極めをし、その人物を育成すること(後継者育成計画)

・ビジネスチャンスやリスクを回避するために人材育てる計画

・人事部よりも経営者幹部クラスの関わりが深い案件である

ABOUTこの記事をかいた人

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック