コーチングの4つのビジネスモデル

コーチングのビジネスモデル

今多くの方がコーチングを学んでいます。

学校関係の方や、会社員、または主婦や学生まで多くの方がコーチングに興味を持って学び出しています。

その中でコーチとして活動していきたいと思っている方も多くおられると思います。

しかし実際どのようにコーチという仕事は成り立っているのでしょうか?

またビジネスモデルとしてはどのようなものなのでしょうか?

ここではコーチングのビジネスモデルをお伝えしていきます

コーチングのビジネスモデルは端的に言うと2つのモデルです

コーチングを伝えるビジネスモデル
コーチングセッションを行うビジネスモデル

この2つを説明していきますね。

コーチングを伝えるビジネスモデル

これは主に学んだコーチングを人に伝えることでビジネスとして成り立たせている方法です。

個人向けと企業向けとありますが、そこに明確な基準はありません。

コーチングを学んだ方がコーチング研修やコミュニケーション研修などといって研修を行うことを言います。

多くのコーチはこちらをやっているイメージ方が多いです。

このビジネスモデルは、メリットとしては多くの方を同時にできるので効率が良く大きなビジネになりやすいです。

しかしその反面、講師としての力量を問われますし、競合が多く集客に苦労するという面があります。

今コーチング研修とするとかなり多くの会社がやっているのでそこに割って入るということになりますので、どちらにしても営業力やマーケティング力などが問われます。

コーチングセッションを行うビジネスモデル

これは実際にクライアントと一緒にセッションを行うビジネスモデルです。

個人相手ですとおおよそ3ヶ月ぐらいでの一つの目安となっています。

企業でいうと半年から1年ぐらいですかね

これはまた費用がまちまちでどれくらいが適正なのか?

というのがわからない感じです。

基本2つのビジネスモデルがあり、クライアントも2種類(個人または企業)ありますので

組み合わせ的には概ね4つの種類のビジネスモデルがあります。

もちろんこれをまとめてやっている方も多いと思います。

しかしうまくいっている方はどちらかに主軸を置いています。

どちらにしても営業力や交渉力が必要なのが企業ではないかな?と思います。

個人は営業力というよりも本人の魅力ではないでしょうか?

どちらにしてもサービスをものを提供しますので、最初は難しいと感じるかもしれませんね

ABOUTこの記事をかいた人

高木鉄平

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック