キャリアクライシスとは?意味や解説


キャリアクライシスという言葉をご存知でしょうか?

この言葉はキャリア(carrier)という言葉とクライシス(crisis)という言葉を合わせた造語になります。

この言葉の意味は社内で培ってきた今までのキャリアが崩壊に直面するという意味になります。

具体的な例をあげていきます

プログラム業界ではプログラミング用語が時代とともに変更が起きてきます。

今まで当たり前のように使えていたプログラミングがいつの間にか時代遅れになってしまったすることです

今まで通用していたまた今後も通用していくであろうと考えていたキャリアが急に通用しなくなるかもしれないという状況に追い込まれることをキャリアクライシスと言います。

主に起こる年代は20代後半から30代後半です。

キャリアクライシスは誰にでも起こりえる!

今の時代このキャリアクライシスは誰にも起こりえます!

特にAIが発達してくる今後このキャリアクライシスに直面する機会は多く感じるかもしれません

アメリカの研究では次のような仕事の方は将来的にAIに仕事を奪われると言われています

AIが奪う職業ランキング(米国)の上位15位を抜粋。

オズボーン氏の論文『雇用の未来』の中で、コンピューターに代わられる確率の高い仕事として挙げられたものを記載

●銀行の融資担当

●スポーツの審判

●不動産のブローカー

●レストランの案内人

●保険の審査担当

●動物のブリーダー

●電話オペレーター

●レジ係

●人事部の給与担当

●ホテルの受付

オズボーン氏は語る。

「経済の歴史を見ると、技術的進歩といえば、たいていは身体を使う手作業を機械化することを表していました。

しかし、21世紀の技術的進歩は、これまで人間の領域とされてきた認知能力を必要とする幅広い仕事を機械化することを意味するのです。

さらに、手作業についても従来は単純化できる作業だけが機械化されていましたが、今後はより複雑な作業まで機械化できるようになります」

この言葉から考えると上記のような職業についている方は本当に今後自分のキャリアを真剣に向き合う機会が出てくるかもしれません。

では逆に将来もAIに奪われにくい職種はどのようなものがあるのでしょうか?

それはクリエイティブの職業だと言われています

俗に0から1を生み出すそのような仕事こと今後必要とされていくと言われています。

ABOUTこの記事をかいた人

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック