キャリアクライシスとは?意味や解説

キャリアクライシスという言葉をご存知でしょうか?

この言葉はキャリア(carrier)という言葉とクライシス(crisis)という言葉を合わせた造語になります。

この言葉の意味は社内で培ってきた今までのキャリアが崩壊に直面するという意味になります。

具体的な例をあげていきます

プログラム業界ではプログラミング用語が時代とともに変更が起きてきます。

今まで当たり前のように使えていたプログラミングがいつの間にか時代遅れになってしまったすることです

今まで通用していたまた今後も通用していくであろうと考えていたキャリアが急に通用しなくなるかもしれないという状況に追い込まれることをキャリアクライシスと言います。

主に起こる年代は20代後半から30代後半です。

キャリアクライシスは誰にでも起こりえる!

今の時代このキャリアクライシスは誰にも起こりえます!

特にAIが発達してくる今後このキャリアクライシスに直面する機会は多く感じるかもしれません

アメリカの研究では次のような仕事の方は将来的にAIに仕事を奪われると言われています

AIが奪う職業ランキング(米国)の上位15位を抜粋。

オズボーン氏の論文『雇用の未来』の中で、コンピューターに代わられる確率の高い仕事として挙げられたものを記載

●銀行の融資担当

●スポーツの審判

●不動産のブローカー

●レストランの案内人

●保険の審査担当

●動物のブリーダー

●電話オペレーター

●レジ係

●人事部の給与担当

●ホテルの受付

オズボーン氏は語る。

「経済の歴史を見ると、技術的進歩といえば、たいていは身体を使う手作業を機械化することを表していました。

しかし、21世紀の技術的進歩は、これまで人間の領域とされてきた認知能力を必要とする幅広い仕事を機械化することを意味するのです。

さらに、手作業についても従来は単純化できる作業だけが機械化されていましたが、今後はより複雑な作業まで機械化できるようになります」

この言葉から考えると上記のような職業についている方は本当に今後自分のキャリアを真剣に向き合う機会が出てくるかもしれません。

では逆に将来もAIに奪われにくい職種はどのようなものがあるのでしょうか?

それはクリエイティブの職業だと言われています

俗に0から1を生み出すそのような仕事こと今後必要とされていくと言われています。

ではキャリアクライシスをどのように避けることができるのでしょうか?

もしくはキャリアクライシスにならないためにどのような対策をしていく必要があるのでしょうか?

キャリアクライシスの3つの対策

キャリアクライシスを避けるにはたった1つの方法しかありません。それは

①自分個人の価値を上げる

ということです。

自分自身の価値を上げるにはどのようなものがあるのか?

それはズバリ

営業力です

どのような職種でも営業力があれば・・・

どこでも企業で働くことができます。

また自分で独立するのも営業力がある方なら大丈夫です。

では営業力をどのように高めるのか?

それは・・・

人の心理を学ぶことだと思います。

何を学んでも良いとは思いますが

学ぶだけではなく、使いこなして欲しいのです。

②友人知人を増やす

仕事を探す際に一番早く決まりやすいのは「紹介」です。

この紹介なのですがどのような場合が一番多いのか?

と言いますとすっごく仲の良い友達や親類などよりも

ちょっと知り合いくらいの方の方が結構決まりやすいのです。

詳しくは弱い紐帯で解説しています。

簡単に言いますと会社の人が足りないと言っているところがあり、

そこの会社をよく知らないので仲の良い人には紹介しづらいけど・・・

あっそういえば友人の友人が仕事を探していたな?

と浮かんだ際に友人に聞いてもらうなどしてもらって紹介になる

みたいな感じです。

紹介する方もされる方も直接の知り合いや仲が良い間柄ではないので

気軽に紹介が起こしやすいという点があるのです。

ですから多くの知人や友人を持っているとそこから仕事の紹介などが

生まれているのです。

③自分を知る

最後は自分の市場価値を把握するということです。

特に中高年になりますと、勤続年数などによって給与は多少上がっていきます。

ですから退職時の給与から下がる企業には

自分の価値が低く見積られたように感じてしまうのです。

また給与が下がることを家族などが喜ぶわけもなく・・・

なかなか退職時の給与水準で仕事を探そうとされるのですが・・・

まずは自分の市場把握をすることが一番フラットに気持ちを考えることができるのです。

ハローワークにはそのようなツールもありますので、是非是非ご利用してみてください。

まとめ

キャリアクライシスは誰にでも起こり得る

対策として

・自分の価値を高める

・友人知人を増やす

・市場における自分を知る

などの方法があります。

ABOUTこの記事をかいた人

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック