グラノヴェッターの「弱い紐帯の強み」

ネットワークの形成の必要性

キャリアコンサルタントも今後はネットワークの形成の必要が言われています。どのような理由から必要なのか?

・産業構造の変化、グローバル化、少子高齢化等の社会変化
・法律の改正や新たな制度施作
・各種調査報告やインターネット上の情報等
・自己研鑽、経験による対応可能な領域の拡大
・同様な課題意識を持った仲間との良好な関係
・専門機関や専門家との情報交換、協力関係構築

ではどのようにこれらの問題を捉えたらよいのでしょうか?そのヒントとなるのがグラノヴェッターの「弱い紐帯の強み」です

グラノヴェッターの「弱い紐帯の強み」

・強い紐帯:親友、家族
・弱い紐帯:単なる知人、年に1度程度のメール
・転職のような重要な情報は「弱い紐帯」から入る割合が多い。
・「強い紐帯」密であるがために外との関係を阻害する場合もある
・「弱いつながり」こそが強み

紐帯とは「ちゅうたい」と呼びます。

紐帯とは二つのものを結びつけて、つながりを持たせるヒモや帯のことをいいます

グラノヴェッターの弱い紐帯の強みとは?

転職や仕事の紹介などに関しては「強い紐帯」よりも「弱い紐帯」の方が良いよ〜という考え方

1973年に米スタンフォード大学のマーク・グラノヴェッター 博士の論文「The strength of weak ties」によると

社会的つながりが密な人よりも実は、弱い社会的つながりを持つ人のほうが、有益で新規性の高い情報をもたらしてくれる可能 性が高いということを述べています

「弱い紐帯の強み」このことはは、実は多くの人がそういえばと思うところがあるのではないでしょうか?

私たちは関係性が近い相手とは何かしらの共通する場面が多くあったりします。同じ職場だったり、同じ業界だったり、同じ趣味を持ったり、と共通点が多くあったりします。

これが「強い紐帯」の特徴なのですが、これ故に価値観や考え方が全く一緒というわけではないですが、どうしても似たところが出てきます。

このことを理論立てて実験検証したのグラヴェッターです

グラヴェッターは転職などの紹介こそ「弱い紐帯」から多いのではないかと仮説を設け実験しました。

この仮説は、企業と労働者のジョブマッチング・メカニズムを明らかにするための実証実験によって導き出されました。

グラノヴェッター博士は1970年、米ボストン郊外に住むホワイトカラーの男性282人を対象に、就職先 を見つける際に役立った情報の入手経路を調査しました。

その結果、調査対象者のうち16%は、会う頻度の高い人、つまり社会的つながりの強い人からの情報 で仕事を得ていましたが、残り84%はまれにしか会わない、社会的つながりの弱い人からの情報で就職していたことを見出したのです。

また、そうした「弱い 紐帯」からの情報で就職した人のほうが、満足度が大きいことも明らかになりました

仲の良い人の紹介よりもあまり仲が深くない知人の紹介の方が仕事が決まりやすく、満足度が高いということを

不思議に思う方もいるかもしれません。

大切な友人や家族などが紹介する方が企業も採用しやすいですし、満足度も高いような気がします。

しかし・・・

実際には逆のことが起こりやすいのです。

といいますのが・・・

仲の良い友人に会社を紹介するとなるとちょっと考えませんか?

この会社で大丈夫かな?

もっと良い会社があるかも?

う・・・んやっぱりやめておこう

となりやすいのです。

仲が良いからこそ

相手のことを真剣に考えすぎるほど

動きにくくなるのです。

しかし知人程度の人ですと・・・

そこまで深く考えなくても

ちょっと人を探している人がいるよ〜

という情報が入ったら

とりあえず声をかけたりするのです

この「とりあえず」

が弱い紐帯の強さになるのです。

とりあず、とりあえず、とりあえず

このように回数が増えていくのです。

その分弱い紐帯の方が仕事の紹介が起きやすいということになるのです。

ちょっとした知り合いなどを増やすのもとても仕事を探す上では

効果的なのです、

ABOUTこの記事をかいた人

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック