アクティブリスニングとは?意味と解説

アクティブリスニングとは?

アクティブリスニングとは一体どのようなものでしょうか?

ここではアクティブリスニングの意味や解説を載せています。

アクティブリスニングとは英語表記では『active listening』となります。

このアクティブリスニングは1957年にカウンセリングにおけるコミュニケーション技法のひとつとして開発されました。

開発したのは、後の世に大きな影響を与えた「カウンセリングの父」と呼ばれる米国の臨床心理学者カール・ロジャースです。

「アクティブリスニング」とは、積極的に話者の言葉に「傾聴」することと定義づけることができます。

ではこのアクティブリスニングにはどのような効果があるのでしょうか?

アクティブリスニングの効果

大多数の人が自分の話を聞いてもらえていないと思っていると言われています。

これは家族内のことや企業内でも言えることです。

自分の話を聞いてもらえていると思えている人の方がはるかに少ないと言えるでしょう

この課題を解決する効果があるのがこの「アクティブリスニング」と言われています。

私たちは自分の話を聞いてもらえていると感じることができれば、幸福感をとても感じます。

しかし、これが簡単なようでなかなかできないのです。

相手の話を積極的に聞く

というのはスキルが必要になるのです。

というのは私たちはある程度話をする方というは何かしらの相関関係になっています。

例えば夫婦、上司部下、親子など

このような状況で自分を俯瞰して話を聞くことがとても難しいのです。

例えば

妻「あなたっていつも仕事が遅いのね」

夫「仕事だからしょうがないだろ」

まあここからおそらく険悪な雰囲気に入っていくのではないでしょうか?

しかし、夫にスキルがあれば・・・

「あれ?今声のトーンがちょっと寂しそうだったような・・・」
「表情が辛そうだな・・・」

などとコミュニケーションスキルが高ければ本当に相手が何を伝えたいのかわかるはずなのです。

例えばこんな感じです。

妻「あなたっていつも仕事が遅いのね」

夫(ああ〜声のトーンや表情から読み解くと寂しかったのかな?)

夫「いつも遅くなって寂しい気持ちを我慢してくれてありがとう。何かあったの?」

みたいな反応ができるようになるのです。

で妻は私のことがわかってくれたのね

と言って本題に入っていくのです。

しかし、最初の妻の「あなたっていつも仕事が遅いのね」の信号をキャッチすることがアクティブリスニングの最初のステップになるのです。

このスキルを理解するにはノンバーバルコミュニケーションやバーバルコミュニケーションを理解しておくことが必要です。

 

ABOUTこの記事をかいた人

高木鉄平

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック