高齢者のキャリアコンサルティング

高齢者のキャリアコンサルティング

高齢者のキャリアコンサルティングについて現在の高齢者が置かれている状況、今後の高齢者雇用においての流れなどを書いていく

高齢者が置かれている現状

少子高齢化、労働人口減少の時代に日本においての労働力の確保は早急な課題である。国や高齢者の労働力への期待している

60歳以上の定年延長により、雇用延長(勤務延長、再雇用)定年の延長後の再就職などが今課題となっている

人の年齢が伸びることによって、今は人生60年ではなく人生80年時代になっていることを考え、自分の潜在能力の開発に時間やお金をどのように使っていくのかが問題になってきている。

60歳以降もより良い人生を歩むためには50歳前後から「将来、自分の仕事と人生をこんなものにしていきたい」というビジョンを描き、目標に向かって進んで行く必要性がある

高齢者は特に個人差が大きく、人によって体力の差も大きいのでそちらのことをキャリアコンサルティングする際には注意がいる

その際には高齢者は、今までの成功体験を脇に置き、謙虚な気持ちで仕事をするひつようがある。

高齢者へのキャリアコンサルティングの注意点

高齢者は人によって収入の状態や家族構成など様々な状況であり、そこを把握していくことが大切です

高齢者に敬意を持つことを忘れずに、高齢者に寄り添った相談をしていく必要があります

人生の最終段階でその方の自己実現を支援することは、キャリコンサルタントの使命であり、そのためによりたゆまぬ成長をしていく必要がう

キャリコンサルティング全般に言えることであるが、どれが正解でどれが失敗ということはないのだが、人生の最終局面での方々が相談に来られていることは、敬意を払って丁寧に接することを大事にしていきたい。

また以前よりも高齢者が雇用という枠にとらわれずに、起業するという場合も今後増えてくると考えらえる。起業後うまくいっている方々は早め早めに準備を行いっている場合が多く、どこの時点でセカンドキャリアを真剣に考えるのかが今後求めれる。

再雇用制度があったとしても60歳で一度会社をさるということから考えて今後どうしていきたいのか一緒に考えられるキャリアコンサルタントが今後より求められていくと考えられます

ABOUTこの記事をかいた人

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック