若年者(ニート)のキャリアコンサルティング

若年者(ニート)のキャリアコンサルティング

キャリコンサルタントの役割の一つにニートへの支援もあったりします。実際にニートにはニート独自の対応が必要とされています。他の求職者と画一的な対応をしするよりも、ニートのことを理解し、その知識を持ってキャリコンサルティングをする方がよりスムーズにいくと考えられますのでまずニートのことをここでは書いてきます。

ニートの定義:NETT(Not in Education, Employment or Training)

15歳から34歳の学生でもなく働いていない若者

厚生労働省のニートの対策

①若年自立塾

②地域若者サポートステーション(サポステ)
若年者支援機関により構成される地域の支援ネットワークの拠点
若者無業者等の職業的自立に向けた支援

若年者で学生・既婚者を除く無業者の3分類

①求職型:仕事を探すための行動をとっている若者

②非求職型:働きたい希望はあるが、求職活動をとっていない若者

③日希望型:働きたいという気持ちもない若者

→②非求職型と③非希望型を合わせたものがニートと呼ばれる

ニートの特徴

ニートには中学卒者、高校中退者、不登校経験者等がなりやすい。

ニートに共通した特徴

「孤立した人間関係」
「自分に対する自信の欠如」
「中学・高校時代からの状況の継続」

ニート状態を続ける中
ニートから抜け出すことが困難になり、ニートを継続している場合が多い。

パターンとしては就職活動を続けているうちに就職が決まらない状態が続くと、次第に自信が低下して、仕事を探す意欲を失ってしまった場合の方などもいる

働いた経験はあるが、人間関係のストレスや仕事上の失敗や挫折をきっかけに働く意欲を失ってしまった人もいる。

働く意欲どころが、人と関わろうという意欲や生きる意欲すらも失い、「ひきこもり」状態に陥ってしまう場合もあるパターンもある

これらのニートの中には気付かれていない病気や障害があるものも含まれることにも留意が必要です

ニートへのキャリアコンサルティング

①相談者に対して受容・共感的な態度で丁寧に接し、信頼関係を確立すること

②自己決定を尊重し、相談を通じて来談の目的と課題を明確にしていくこと

③アセスメントでは「セールスポイント」や「できること」に注目する。隠れた長所を見逃さないようにし、伸ばしていくこと

④興味・関心・希望等を踏まえ、啓発的経験の必要性を促す丁寧にな関わり

*啓発的経験:インターシップや職業訓練、養成所、ボランティア活動等

このようにニートには普段の若者とは違った対応を必要とする。ニートを脱しようと本人自らやってくる場合もあるが、その他に親などがつれてくる場合も多い。親としては必死でここまで連れてきたという思いがあるのでそちらも直接ではないが、気持ちを汲み取ってあげることも必要だと考えています

まとめ

若年者やニートの職業支援を調べると多くの役所やハローワークまたはNPO法人などで行っています。

しかし今問題になっているのは長いニートの期間になり30代後半から40代に入るニートです。

この35歳以上という年齢が若年者支援という枠から離れてしまい、一番手薄になっているところになります。

また長い期間ニートの期間が多い方が多く、親も高年齢化していることも相まって

どうしたら良いのか?

途方に暮れている方々も多いと言われています。

ニートを子供に持つ親御さんは自分たちが亡くなった後のことを考えると不安であり、

中高年になったニートの方々も先々のことを考えると不安になっているのが現状です。

35歳以上の支援が芳しくないのは国の理由だけでもなく

ニートを受け入れるところも企業も減ってくるという現状があります。

多くの職場では年上の方は使いにくいという面もあり難題として今取り上げられています。

ではどうしたら良いのか?

という問題になるのですが・・・

私個人的には30代後半の方々はまずは年齢制限があると言っても

若年者自立塾や若年者サポートステーション、ジョブカフェなどで相談することをお勧めしています。

確かに年齢制限がありますが、無碍に扱われることはありませんので、まずはご相談されることをお勧めします。

ABOUTこの記事をかいた人

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック