悩みが相談できない職場での対処法「2つの質問」


悩みが相談できない

多くの職場でこのような話が聞こえてきます。

ではどうして職場で相談ができないと感じるのでしょうか?

ここでは相談できない職場での対処法を紹介します。

そもそもどうして相談できないのか?

相談できない理由

相談の内容にもよりますが・・・

相談する内容のストレスの度合いが大きいほど相談はしにくくなります。

職場での書類の書き方でしたなら多くの方が相談する人はいるといえるでしょう

しかし、あなた自身が高いストレスを感じているような問題、例えば

自分自身の進路に対する不安
家族に関する悩み
病気のこと

などなど自身がストレスを感じるてる相談事が大きければ大きいほど相談できる人が減っていきます。

例えば家族に関する悩み

例えば息子さんがうつ病になっている

という相談を職場の人にできるでしょうか?

多くの方が相談するには勇気が必要と感じるのではないでしょうか?

そう勇気がいるのです。

ではどんな勇気なのでしょうか?

それは受け入れてくれないかも?

という勇気です。

例えばこんなことがあったらと想像してみてください

「うちの息子がうつ病みたいなんだ・・・」

このような相談事があったらあなたはどうしますか?

専門的な知識がない場合はどのように答えていいかもわからないのです。

ですから相談者は勇気を持って一生懸命相談したにもかかわらず

受け入れられなかった

と感じて次回以降この受け入れてもらえなかったという気持ちを恐れて相談しなくなるのです。

相手が精神的に余裕がない場合など

「俺の方が今大変なんだよ!」

となどという話になってしまいます。

どちらも悪気はないのですが・・・

このような経験が増えれば増えるほど・・・

相談事をできなくなってしまうのです。

では相談者は耐え忍ぶしかないのか?

というとそうではありません。

長くなりましたがここから職場で相談できない場合の対処法をお伝えしていきます。

まずは次の質問を考えて欲しいです

「相談することで何を得ようとしているのか?」

もしこの質問ですぐに答えが出てこない場合には

「相談することで何を避けようとしているのか?」

この質問を考えて欲しいです。

この2つの質問を答えが出ることがわかれば今の現状を抜け出せるヒントが見つかるとおもいます。

再度ここでお聞きします。

あなたは職場でなかなか相談できないと悩んでいる状況で辛いと感じているかもしれません

そんな時こそ

「相談することで何を得ようとしているのか?」

「相談することで何を避けようとしているのか?」

ちょっよ立ち止まって考えてみてみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック