リアリティーショックとは?意味や対策


リアリティーショックとは

リアリティーショックとは、一体どのようなものでしょうか?

ここではリアリティーショックの意味や対策などを書いております。

リアリティーショックとは英語表記では「reality shock」となります。

直訳すると「現実に衝撃」となります。

これは主に会社に入った際に陥る心理状態のことを指します。

入社前にその会社に抱いていた理想や思いと実際に働いているうちに感じるギャップや差にこんなはずではという衝撃を受けることを言います。

心理的な状態としては、入社前のイメージと入社後の現実との違いやギャップを受け入れることができずに、不安や幻滅、喪失感などをもち、自分の気持ちとのズレに思い悩む状態です。

このような状態が続けば、退社の方向へ進んでいきます。

これは新入社員だけがなるものではなく、ベテラン社員であっても環境変化に対応できない場合に同じような症状が出やすいと言われています。

特にこの傾向が強い職種が看護師や看護職などと言われています。

ただこのような専門職だけでなく、あらゆる職種で発生する可能性があります。

この発生の原因は多岐にわたり、原因の特定は難しく、本人企業双方に努力が必要だと言われています。

またこの対策としてはインターンシップ制度などがあげられています。

リアリティーショック対策:本人編

【1】「情報収集」
まずは何をとっても情報収集を欠かさないということです。

人事やその他の当たり障りのない情報だけでなく実際にどのような仕事なのか?どんな人がいるのかなどを可能なだけ情報を収集することが求められます。

【2】「完璧主義を捨てる」
リアリティーショックを受ける方は、真面目な方が陥りやすいと言われています。これは自分に厳しいということで素晴らしいのですが、その反面「完璧」を求める傾向が強い方とも言えるかもしれません。もちろんこれはこれで素晴らしいことですが、最初から完璧にできるわけではないので、そこを理解していく必要があります。

【3】「気分転換をする」
「リアリティショックで心身の不調を感じたら、一人で考え込まずに人に相談するようにしてください。自分の気持ちを隠して誰にも話せないままでいると、物ごとを悪い方に考えてしまうようになります。同じ境遇の人や同期など、自分と立場の近い相手にどんどん悩みを打ち明け、お互いにストレスを発散していきましょう」

ABOUTこの記事をかいた人

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック