使うほどに味がでるシンプルで爽やかなマズロー欲求五段階説

マズローの欲求5段階説

マズロー先生という人が語った考え方です。

人にはもともとの潜在的に持っている欲求が5段階のピラミッドのようになっており、下の1段目の欲求が満たされると次は上の2段階目の欲求が欲しくなり、2段階目の欲求が満たされると3段目が欲しくなっていくという考え方。全部で5段階。

人間の欲求は5段階のピラミッドのように構成されていて下階層の欲求が充たされると、より高次の階層の欲求を欲するというもの。

一番下の第一階層の欲求ははこのように呼ばれます

「生理的欲求」

この生理的欲求は、生きていくための基本的・本能的な欲求(食べたい、寝たいなど)です。

この「生理的欲求」を充たせれば、次の階層「安全欲求」を求めます。

逆に言うとこの「生理的欲求」がまずなにをしても大事であるということかも?

めちゃめちゃ空腹のときや眠たいときはそれ以外は考えることができないもんですからね〜

「安全欲求」

2段目の「安全欲求」には、危機を回避したい、安全・安心な暮らしがしたい(雨風をしのぐ家・健康など)という欲求が含まれます。まあこの欲求は変化をあまり好まないという面もあったります。
ここでの欲求というのはそのように自分が認識できれば良いのであり、その方がどんな戦地や災害のところでも本人が「安全」であると思えばよいということです。

この「安全欲求」を充たすと次の「社会的欲求」(集団に属したり、仲間が欲しくなったり)を求めます。

「社会的欲求」

3段目のこの社会的欲求が満たされない時、人は孤独感や社会的不安を感じやすくなります。
わかりやすく表現すると仲間が欲しい〜仲間外れにしないで・・・嫌わないで〜という欲求です
この欲求は私たち群の動物なので

仲間外れ=死

このイメージから欲しているものとも言えるかもしれません。

この「社会的欲求」が満たされると次に欲しくなるのが「尊厳的欲求」または「承認欲求」といいます

「承認欲求」「尊厳的欲求」

この欲求は他者から認められたい、尊敬されたいという欲求です。まあ男性が一般的に強いような気がしますが女性も同様に持っています。

でこの「承認欲求」「尊厳的欲求」が満たされると次の欲求「自己実現欲求」が生まれてきます

「自己実現欲求」

自分の能力をフルに発揮したい、自分らしくありたいなどの欲求です。

マズローはこれの上に実はもうひとつの欲求があるといっているのですが・・・

基本的にはこの5つの欲求がマズローの5段階欲求と言われています。

これはどれが大事とかではなく、基本的には下の欲求が埋まらないと上の欲求に進まないと言われています。

お腹が空きすぎて死にそうなのに自分は本当にしたいことはなんだろうと悠長に考えないですよね?

という欲求を段階に分けてそれぞれの基準で1度考えてみるのも良いかもしれませんね

まとめ

●マズローの欲求5段階説は5つの階層になっている。

●下から「生理的欲求」「安全欲求」「社会的欲求」「承認欲求」「自己実現欲求」となっている。

●下の階層の欲求がある程度満たされると次に上の欲求が欲しくなるという考え方

ABOUTこの記事をかいた人

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック