ブロンフェンブレナーの社会システム


ブロフェンブレナーは、個人が一生涯の中で経験する様々な社会的な変化を発達の説明要因として考えました

人間は生まれた時から社会システムの中に存在するが、時間的経過につれてより上位の社会システムと相互作用をするようになる。

この層がお作用する社会システムの変化が人間の発達の要因であると考えた。

ブロフェンブレナーは人と相互作用する社会システムについて、4つの社会システムと1つの時間システムを考えています。

①マイクロシステム

家庭・学校・職場のなど個人が直に接している環境

②メゾシステム

家庭・学校・地域社会の環境相互を結ぶシステム

③エクソシステム

地域・行政・マスメディア・両親の職業などの環境

④マクロシステム

下位のシステムに影響を与える社会的信念の体型

*クロノシステム

社会文化的システム・経験するライフイベント

ブロフェンブレンナーは、個人が一生涯の中で経験する様々な社会的な変化を発達の説明要因として考えました

人間は生まれた時から社会システムの中に存在しますが、時間的経過につれてより上位の社会システムと相互作用をするようになるのです。

この相互作用する社会システムの変化が人間の発達の要因であると考えました。

スクリーンショット 2016-07-26 11.01.19

ブロンフェンブレナーによれば、人間の発達は、親子関係が生活体験のほとんどを占める乳児段階から始まって、より多くのそして上位のシステム要素を生活空間に組み込んでいく「生態学的移行」の過程として記述される。
システム間の移行がスムーズに行なわれるかどうかは、各要素の連絡の状態によって異なることが予測される。
幼稚園・保育園への入園や学校への入学などの人生事件(ライフイベント)が、生態学的移行の機会となる。

ブロフェンブレナーはロシア生まれの米国心理学者。

 心理学者の視察団の一員としてソヴィエトを訪問した経験に基づいて、米ソの教育・発達を比較した『2つの世界の子供たち』を著す。以後、子供の社会化、 親子関係と人格発達の問題を歴史的・文化的・文脈的において研究している。これらを統合して、生態学的発達研究アプローチを提唱し、子供を取り巻く生態環 境と社会的ネットワークの重要性を指摘している。

ABOUTこの記事をかいた人

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック