バックトラッキングとは?意味や使い方

コーチングやNLPの手法に

バックトラッキング

という手法があります。

今日は「バックトラッキング」の意味や使い方を解説していきます。

バックトラッキングとは

バックトラッキングとはそもそもどのようなものなのでしょうか?

いろいろな意見があるとは思いますが敢えてここで定義するとするならば

バックトラッキング

相手の言葉や感情から「キーワード」をつかみ、相手に伝え返すことによって信頼関係を築く方法

と定義することができます。

対人コミュニケーションで一番必要なことは相手との「信頼関係」です。

ですから気づきを促すのも、行動に促すのも基本この「信頼関係」ができていなければ意味をなしません。

このバックトラッキングはこの「信頼関係」を築く方法の1つなのです。

では具体的にどのようなものがバックトラッキングなのでしょうか?

バックトラッキングの具体例

ではここではバックトラッキングを使った場合とそうで無い場合を比較していきましょう

通常の会話の場合

相談者:「息子のことでちょっと悩みがあるんだけど・・・、ちょっと時間あったりするかな?」
あなた:「大丈夫だよ。なに? どうしたの?」

バックトラッキングした場合

相談者:「息子のことでちょっと悩みがあるんだけど・・・、ちょっと時間あったりするかな?」
あなた:「息子さんのことで悩みがあるんだね。時間は大丈夫だよ。何、どうしたの?」

となります。

この2つのパターンをどう思いますか?

バックトラッキングをした場合の方がちゃんと聞いてくれているんだと思う方が多いと思います。

普段の会話ではこのバックトラッキングを多用すればちょいと話の展開が遅くなってしまいますが・・・

深刻な悩みや相談であればあるほどこのバックトラッキングは生きています。

というのは相談者が何かを話すたびに、話を聞いてもらえているのだろうか?と不安がよぎっているからです。

相談内容が深刻であればあるほどこの「不安」は強いと言われています。

ですから対人支援においては相談者に安心感や肯定感などを伝え続けながら相談を受ける必要があります。

そう!大事なのでは伝え続けるということです。

ですからバックトラッキングは一度すれば大丈夫というものではなく、その都度行う必要があるものとなっています。

その都度バックトラッキングを使うことによって相談者に

「あなたを大事に思っています」
「あなたを理解しようとしています」
「あなたを知りたいと思っています」

といたメッセージを相手の無意識に伝えることができるのです。

まとめ

●バックトラッキングは信頼関係を築く手法の1つ

●会話の中で何度もする必要がある

●あなたを大事に思っていますと伝えるための手法

どんな相手とでも一瞬で信頼関係を築く方法

ABOUTこの記事をかいた人

高木鉄平

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック