ナレッジマネジメントとは?意味や解説

今日はナレッジマネジメントの意味を解説してきます。

そもそもナレッジマネジメントとはどのようなものを指すのでしょうか?

マネジメントとついていますので何かの管理運営という意味合いを感じるとは思います。

ではナレッジとはそもそもどんな意味なのでしょうか?

ナレッジマネジメントの意味

これは2つの言葉が組み合わさった言葉になります。

ナレッジとは

英語表記では「Knowledge 」となり、意味としては 知識 · 理解 · 認識 · 経験 · 情報などを指します。

マネジメントとは

英語表記で「Management」となり 、意味としては管理 · 経営管理論になります。

この2つの言葉を足すと主に次のように定義されています。

知識や経験や情報などの管理

となります。

このナレッジマネジメントとは主に組織などで蓄えられた知識や情報、経験などをどのように管理していくのか?という考え方になります。

ではこのナレッジマネジメントはなぜ今必要なのでしょうか?

組織内の移動ばかりだった時代は、本人が経験した知識や情報は組織外に流出する危険は少なく、何らかの運営が可能でした

しかし現在では人の異動は組織内外で活発に行われています。

その分、昨日まで一緒だった方が組織のライバルなどで働いているというこも珍しくありません。

人材の流動化が激しい今だからこそ、知識や経験を集積化して共有する必要があるのです。

この集積化する知識や経験は主に2つあると言われています。

1つは形式知と言われるものです。

形式知とは 言葉や文章で表現される言葉でデータなど比較的に伝えやすいものを指します。

もう一つは暗黙知と言われるものです。

暗黙知とは知っていても言葉や文章で表現しにくいもので経験則やノウハウなどを指します。

ナレッジマネジメントの考え方はどちらも大切であるという考え方です。

その考え方から形式知は形に比較的にしやすいものでしたので、企業においてもこの形式知の集積や共有化は積極的に取り入れていました。

しかし暗黙知は言葉で伝えるのが難しいものや感覚的なものも多くは共有化が多くの企業で遅れてしまっていたのです。

そもそもナレッジマネジメントとは形式知、暗黙知両方をより大切に共有して、従来は個人が持っていた知識や情報、経験などを企業内で集積し、全体的な生産性を向上させるための管理手法なのです。

では具体的にどのように企業内での共有を進めていくのでしょうか?

ナレッジマネジメントの手順

①知識や経験を集める
組織に属している個々が持っている知識情報を効率的に収集し、共有スペースに蓄積していく。

②知識や経験の整理
収集・蓄積された膨大な情報の中から、「使える知識」「必要な知識」を抽出する。

③知識や経験の再利用
ビジネスの現場で、知識を活用運営していく。

④結果の評価
ビジネス現場におけるナレッジマネジメントの効果を測定する。

この①→②→③→④のサイクルを繰り替えてしていき業績を上げていきます。

具体的にはこんな感じです。

ナレッジマネジメントが浸透していない場合、特にサービス業などではお客様は個人の店員につくことが多いでうす。

あの人がいあるからあのお店に行こう

となっているのです。では社員さんが辞めた時にせっかくのお客様を押しとどめておけるのでしょうか?

確かに形式的なものはお伝えできるかもしれません。

しかし、好きなものや思考パターンなどお付き合いの上で感覚的なものであればあるほど

その引き継ぐが難しくなります。

引き継ぐ方も抽象的な言い方にならざるをえず、引きつぎをしにくいですし、

引き継ぐ方も抽象的な表現ばかりでは要領を得ません。

このようにしてサービス業などではせっかくのお客様が働く人が変わっただけで

いなくなってしまうのです。

これは企業として勿体無いという考えから生まれたのがこの

ナレッジマネジメント

なのです。

社内で知識や情報を共有化していくことで、より組織を強くしていく

ことを目標していている組織の運営方法になります。

ABOUTこの記事をかいた人

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック