クランボルツの場合ー意思決定論的アプローチ

意思決定論的アプローチとはどのように職業選択をしているのか?

その過程に焦点をあてて解明を試みようとするアプローチ方法であり

2人の有名人がいる

ひとりはジェラット

もうひとりクランボルツです

今回はクランボルグを解説していきます

さてこのクランボルグはバンデューラの社会的学習理論をベースにして
キャリア意思決定における社会的学習理論を体系化した.

うんうん相変わらず教科書は固すぎて何をいっているのかようわからん・・・

とりあえず「社会的学習理論」を提唱しているんですね

では社会的学習理論ってなんなの?

社会的学習理論

クランボルグ先生によれば3つの質問に答えることがこのすべてだといっているような気が・・・

ではその3つの質問です

①なぜ特定の職業を選択するのか?
②なぜ職業を変えるのか?
③色々な職業に対して好みがあるのはなぜか?

この3つの質問に明確に答えるためにどうするのか?という理論です

だからそのヒントとしてクランボルグ先生はキャリア意思決定に影響を与えるものがあると考え

その要因として

・遺伝的特性と特別な能力
・環境的状況と出来事
・学習経験
・課題アプローチスキル

の4つをあげた。
そしてこらら4つが影響しあって自分自身のや世界についての「信念」が形成される
その結果としてキャリアの選択に対する様々な行動をするようになる
ということいってるんだすね〜

なんとなく掴んだようなそうでないような・・・

まあまあこのクランボルン先生はそれでだけでなく後年に

キャリアカウンセラーがクライエントを支援するという観点に立ち、キャリアカウンセリングにおける学習理論を提唱している

だから私たちのキャリアカウンセラーのベースはこの方なんですね

ではその学習理論ってなんなのでしょうか?

まあ色々とあるのですが・・・

その中の偶発性学習理論では次の4つが大事だとクランボルグ先生はいています
・キャリアカウンセリングの目的は、クライエントがキャリアを決定するのではなく、より満足なキャリアや私生活を実現するための行動をとれるように学習を援助することである

・アセスメントは個人特性と環境特性をマッチングさせるのではなく、学習を奨励するために用いる

・クライエントは有益な様相外の出来事を生み出すような探索的な行動を学習する

・カウンセリングの成功は、カウンセリングセッションの外部の現実世界においてクライエントが成し遂げることによって評価される

これはコーチングに近いな〜

コーチとして活動している私としてへとても親近感をもつ考え方です〜

これがクランボルグ先生の主な考え方で今のキャリアコンサルタントの考え方はこの方の色を色濃く良いも悪いも受けています

ですからコーチングを学んだ方がキャリアコンサルタントを学ぶととても近い感覚になるんですね〜

しかしキャリアコンサルティングとコーチングの違いもあります。

わかりやく言いますと

キャリアコンサルティングはあくまでもキャリアコンサルタントが今クライアントが何に戸惑っているのか?もしくは職業の選択が決まっていない余韻は何か?

をあらかじめて予想や見立てをして

そこに向かって進んでいくことで本人自身がその課題を見つけ向かい合うという手法になります。

ですのでキャリアコンサルタントの「見立て」の発見能力がとても重要になります。

しかしコーチングではそもそも「見立て」をするわけではありませんから

コーチ自身がどこにクライアントの課題があるかわかっていません。

ですのでどこに向かうかはクライアント自身にかかってきます。

良い悪いではなく違いがあるとしたらこのような違いがあったりします。

追加

クランボルツの理論では「学習し続ける存在」としての人間が強調されます。すなわち人間は新しい行動を獲得したり、これまでの行動を変容したりしていくことが可能です。

クランボルツの「計画された偶然性」は

「偶然の掘り出し物に出会うためには、まず行動(アクション)を起こすこと」

が前提になっています。同時にアクションをを起こすためには、自分の目指す方向性を決めなければならない。偶然を生かす(必然化する)ためにも、方向付け(目標)やアクションが必要であると説いています。

そしてこうも述べています。

「たとえ方向性が決まっていなくても何か行動を起こした結果、予期せぬ出来事に出会い、それがキャリア形成に役立つこともある」

とまあとりあず目標が大事だけどそれにこだわって動かないものおかしなもので、目標がなくても行動しまくっていたら結果、キャリア形成になるよ〜ということを説いています

ではもう一人の意思決定論のジェラットはどのような考え方なのでしょうか?

ジェラットはこちらです

ゆっくり自分で決めていこうじゃないか〜byジェラット!

ABOUTこの記事をかいた人

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック