効果的なフィードバックで職場の「気まずさ」を解消するシンプルな方法

さて部下をどのように育成していくのか?

という問いに多くの方が次のように答えいます。

「部下へのフィードバックこそが大事だ!」

しかし昨今の多くの役職者は

「もし部下が後ろ向きな反応したらどうしよう」

ということを恐れてあまり積極的に多くのフィードバックをしないという調査が出ました。

多くの人が自分の仕事の出来不出来をよくわかっていないと言われているなか

数字がはっきり現れる営業職のような仕事でさえ

仕事の出来不出来はわかりにくくなっています

自分の仕事の出来不出来がよくわかっていないにもかかわらず

上司からああだこうだと言われたら

どう思うでしょうか?

彼らが上司からのフィードバックに後ろ向きな反応をするのも当然ではないのでしょうか?

特にフィードバックを得られるのが年に数回だけならば、なおさらそう思うのではないでしょうか?

「ああ〜また言っているよ」
「1時間の辛抱だから・・・」
「我慢我慢・・・」

など

コンサルティング会社リーダーシップIQ(Leadership IQ)が実施している調査(3万人以上の会社員が参加)では、参加者たちに仕事に関する100以上の質問を行った。その中には

「自分のパフォーマンスが望ましいものであるかどうかを認識しているか?」

という質問もありました。

自分の状態が望ましいレベルにあるかどうかを「常に」認識している

と回答したのは全体のわずか29%だった。

この数字は本来もっと高い状態である必要性があるのではないのでしょうか?

上司の主な役割の一つは、部下育成があります。

その中で必要なことが部下へのフィードバックを提供することです。

しかし上司がフィードバックをするには様々な障害が出てきます。

時間が有り余っていれば出来るのですが、

今現在そんな余裕は多くの上司にはありません。

ついつい優先順位が下がり、フィードバックをする時間を取れないのです

そうなると部下との面談も空虚な感じになり

「時間の無駄じゃないの?」

という考えがもたげてきます。
皮肉なのは、リーダーが従業員の状態についてもっと定期的にフィードバックを与えていれば、より良い効果が生まれるわかっているのにできないのです。

多くの部下は、自分が優れた仕事をしているのかどうかを心から知りたいと思っているにもかかわらずです。

部下たちはフィードバックを十分にもらっていない場合、

自分の出世は難しい
上司から評価されていない

と感じるものなのです。

もう1つの上司の勘違いは、定期的に建設的なフィードバックがあれば、従業員はそれにきちんとそれに対処対応するということです。

たとえば「建設的な批判にはどう対応するか」という質問では、回答者の約39%が、批判された問題につながる全てのステップを詳細に分析するという結果が示されました。

ではどうしたらよいのでしょうか?

効果的なフィードバックで部下の「気まずさ」を解消するシンプルな方法

この問題を解決する上でシンプルな方法は、

フィードバックの頻度を増やすことです。

そう!シンプルにフィードバックの回数を増やすのです。

ちょっと考えてほしいのですが

小学生の子に勉強の習慣をつけさせるのに

1ヶ月に1度3時間話すのと1ヶ月間毎日5分話す

のとではどちらが効果があるでしょうか?

多くの方が毎日5分の方がより効果があると考えられるのではないでしょうか?

子育てと同じように

頻度の高いフィードバックがとても部下の育成では大事なのです。

では従業員に、どれぐらいの頻度でフィードバックをする必要性があるのでしょうか?

これは自分のパフォーマンスについてどれぐらいの頻度でフィードバックを受けたいか聞いてみるといいと思います

年に1回、四半期に1回、月に1回、週に1回、あるいは毎日か、と。

良い従業員は年に1回とは答えないと思います。

年1回などと答えた場合それでは圧倒的に少なすぎます。

同じ理由で、四半期に1回と答える者もほぼいないと思われます。

多くの者が月に1回か週に1回、もっとやる気のあるタイプや毎日と答える場合が多いのです。

しかし現実にはあなたの部下の中には「年に1回」と答える者が1人か2人いるかもしれません

もしくはフィードバックは「いらない」と答える者もいるかもしれません。

しかし残念ながらそのような彼らが優れた従業員になることはないと言わざるをえないと思います。

良い部下たちがどの頻度でフィードバックを望んでいるのかが分かったら、その通りに提供することが重要がとても大事です。

部下たちに希望を聞いたからには、

「そうなるかも?」

と期待しているのです。

この期待を何度も裏切ると・・・

部下からのあなたへの信頼は失墜します。

ですから優れた上司は、このフィードバックの大切さを認識し、時間をなんとかやりくりしています。

面接を行って、部下の強みや弱み、より伸びる可能性のある分野などについて話し合うことで

「あなたのことを見ているよ〜」

ということを示すことができるのです。

多くのフィードバックをすることで、部下は自分のパフォーマンスの是非を知らないまま働かなくて済むのです。

『効果的なフィードバックで職場の「気まずさ」を解消するシンプルな方法』

フィードバックの回数を増やすことです!

今の少なくても2倍の回数にするだけで見違えるような効果が出てきます。

フィードバックに関して言えばまずは質よりも回数を重視して方が良い結果につながるといわれていますよ〜

ABOUTこの記事をかいた人

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック