一万時間の法則とは?


一万時間の法則を知っていますか?

ここでは一万時間の法則の意味や内容を解説していきます。

そもそも一万時間の法則とは

専門家で活躍している人の統計を取ったところ少なくても一万時間以上短い時間にそれにエネルギーを注いできたというデータです。

少ない時間とはどれくらいなのか?

概ね5年以内と言われています。

例えば1日8時間あることに注いだとして

8時間✖️365日=2920時間

2910時間✖️3年間=8730時間

一万時間の法則で言えば3年間毎日八時間以上そのことに集中してエネルギーを注いだとしても3年では足りないのです。

正確には3年と159日必要になるのです。

長い・・・

果てしなく長く感じる方もいると思いますが・・・

概ね結果を出している方は一万時間はほぼクリアーしています。

むしろ注釈をつけるとしたならば・・・

『少なくても』

の文字が入るのではないでしょうか?

少しの休憩を取ることなく3年と159日あなたは八時間やり続けれますか?

ということなのです。

だから多くの専門家の方がおっしゃいます

「好きなことをしなさい」

あなたが好きなことなら少しは八時間毎日する可能性は高まるのではないでしょうか?

嫌いなことを毎日365日も続けれないですよね

しかもどんなに好きなことでも毎日毎日ですよ・・・

当然嫌な時もあるでしょうし、やめたくなる時もあるでしょう。

そこをやり続けることができる人こそ一流の方になっていくと言われています。

しか〜し最初から一万時間しなさい

と言われるとほとんどの方が心が折れてしまいます。

ですから途中のゴール設定が必要になってきます。

まずは10時間

その次が100時間

その次が200時間

その次が・・・・

と目標を細分化することでかなりやりやすくなります。

私はプロになりたいのならまずは三百時間チャレンジすることをお伝えします

この三百時間をしない限り何をどうやってもそんなに変わりません

なぜならばこの三百時間こそが何をするにしても「基礎」になるからです。

ですからまずは三百時間をどのようなスケジュールでやっていくかを決めることから始める必要性があります。

この三百時間というのが・・・

本当ちょうどいい時間の長さなのです。

三百時間だと毎日一時間でも1年かかりません。また二時間なら半年以内、三時間なら100日で達成できてしまうのです。

ちょっとできそうな気がしますよね

好きなことなら毎日二時間くらいは知らず知らずやってたりしませんか?

ですから私はまずは何をやるにもこのように聞いています

どれくらいの時間それにエネルギーをかけましたか?掛けた総時間を教えてください

ここでズバーと答えられる方はかなりのラインまで来ていらっしゃいます。

しかし実はほとんどの方がこの三百時間以下なのですね・・・

ですからまずは三百時間を目指して何かにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

ではどうやったらモチベーションが上がり、やり続けることができるのかは

こちらの↓をご覧ください!

なぜ人がコツコツできないのか?その秘密を暴露

 

ABOUTこの記事をかいた人

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック