サーバントリーダーとは?意味や解説


サーバントリーダーシップ

サーバントリーダントは一体どのようなものなのでしょうか?

ここではサーバントリーダーの意味や解説を載せております。

あえて定義付けするとするならば次のようになります

サーバントリーダーを提唱したのは、1970年にアメリカのロバート・グリーンリーフ(1904~1990)が1970年に提唱した【リーダーである人は、まず相手に奉仕し、その後、相手を導くものである】という考え方のリーダーシップ論です。
そもそもサーバント「servant」という言葉は

 

●〔家事を行う〕召使い、使用人
●〔公務員である〕公僕
●〔ある人の〕信奉者、奉仕者

 

という意味です。

この言葉だけを見るとリーダシップという意味合いから離れているように感じますが、サーバントリーダーこそ今後の世のリーダーシップの形だと言われています。

別の言葉で言うと「支援型リーダー」という表現でも言われています

働く人々の価値観が多様化している中でただ上からの命令をすることだけでは、自分のモチベーションが上がらないということに多くの方が気がついています。

ではどうしたら良いのか?

という理想像がこのサーバントリーダーになります。

主な特徴としては「部下に奉仕する」という意識をもてるのか?

という点になります

ではどうやったら部下に奉仕するという意識をもてるのか?

この部下に奉仕するという考え方ができれば、素直に部下に感謝を伝えられ、困っていることがあれば助けてあげれるという具合になっていきます。

そんな上司ならあなたもしっかりと一緒に働いていきたいと思うのではないでしょうか?

その結果サーバントリーダーは、「リーダーのために部下がいる」という発想を逆転させ、「部下を支えるためにリーダーは存在する」としています。

上司は部下の自主性を尊重し、部下の成功や成長に奉仕する行動を実践します。

結果として信頼関係が育まれ、コミュニケーションが円滑になります。組織全体が同じビジョンや目標を共有化できていれば、上司が組織を導くのではなく、一人ひとりが能動的に組織を導いていく構図になり、結果目標が達成できるという具合です。

まあではどのようにすればこのような考え方が身につくのでしょうか?

それはまた今度解説していきますね

ABOUTこの記事をかいた人

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック