キャリアコンサルタント守秘義務


キャリアコンサルタントはクライエントから様々な個人情報やもしくは人にはなかなか言えないことを相談されます。

その相談されたキャリアコンサルタントが誰かに秘密をもらすかも?と考えただけで安心してお話しすることなどできないですよね

とうことキャリアコンサルタントには守秘義務というものが存在します

守秘義務の遵守

業務上知り得た情報をむやみに外部に漏らしてはならない義務

クライエントの個人情報、企業の内部事情等

遵守されなかった場合

プライバシーの侵害:不法行為(民法709条)

プライバシーとは:

私生活上の事実、事実らしく受け取られる恐れがある事項

通常公開されることを望まないと思われる事項

未公開、未公表

前科や過去の犯罪行為、疾病(持病・病歴)、身体的特徴、日常生活、行動、住所、結婚、離婚など

環境調整等もクライエントの意図に反する違法行為の可能性

個人情報保護法上の「個人情報」はより広い概念

「違法」ではない場合でも守秘義務の違反の場合はある

守秘義務の内容

①職務上知り得たすべての情報

ただし、コンサルティング中に知り得たものに限られる

相談者の氏名、勤務先、相談内容、家族構成と家族の状況、企業内部情報や人間関係、来談歴

②情報の管理

個人が特定できるような形で話題にしない

記録の厳重保管

事例検討会等の資料ではイニシャルなどを用いる

物理的 技術的 人的

各種データの覇気も確実に行う

③守秘義務の例外

集団的守秘義務 関係機関相互で情報を共有

秘密を守ることの利益以上の損害が想定される場合

クライエントの重要な不法行為やその危険性

自傷、他害のおそれがある場合

使用者にキャリアコンサルタントから直接報告する要件

クライエントを保護する目的にかなっている

①報告を求める理由、目的に正当性があること

②その目的のために必要な内容であり、社会的に妥当なものであること

③他に大変え的な手段がないこと

*守秘義務はクライエントの信頼感の前提である

*いずれの場合にも判断は慎重でなければならない

基本的な考え方として守秘義務違反で刑法の罰則があるのは

医者、歯科医師、薬剤師、医薬販売業者、助産師、弁護士、公証人

他には宗教、祈祷もしくは祭祀の職にあるもの

です。ですから厳密に言うとキャリアコンサルタントは守秘義務を違反したと言って

刑法の上の罰則があるわけではないのです。

ですのでもし守秘義務で訴えたい場合は刑法ではなく民法の不法行為(民法709条)での訴えになります

ABOUTこの記事をかいた人

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック