やりがい搾取は間違い?それとも正しい?


今日は最近よく聞く言葉

「やりがい搾取」

についてお話しさせていただきます。

まずこの「やりがい搾取」と聞いてどう思いますか?

良い印象を持たれる方は少ないと思います。

2つの言葉からなる造語ですね。2つの言葉を調べると

やりがい「そのことをするだけの価値と、それにともなう気持ちの張り」

搾取「階級社会で、生産手段の所有者が生産手段を持たない直接生産者を必要労働時間以上に働かせ、そこから発生する剰余労働の生産物を無償で取得すること」

ではまずこの「やりがい搾取」の言葉の由来から解説していきます

やりがい搾取の由来

提唱したのは教育社会学者で東京大学教授の本田由紀氏です。

本田由紀先生はこのやりがい搾取を次のように説明しています

「会社がより少ない対価で最大の労働効率を引き出すため若年労働者をすすんで仕事に従事するように促し、あたかも充実感や自己実現を得ているように感じさせること」

もっとわかりやすく言えば、

自発的に過重労働をすること

です。

これが賛否が分かれる所以です。

今昨今働いてきた方々はどこかで過重労働をしてきたという気持ちがあります。

お仕事できつかったり、しんどかったりしたことはありますか?

という問いに多く方が「ある」と答えるでしょうし、その内容もかなりハードなことが想像できます。

しかしその結果今の状態になっているので、過去のその経験を否定的に捉えている方は多くはありません。

ですからどこかで

「一生懸命仕事をする時期が必要だ!特に若いうちは」

という考え方が根強くあるのです。

しかも上司や会社の命令でやる気がない状態の過重労働ではなく、自発的なのだから何が問題なのか?

ということです。

ここが賛否が分かれるとこなのですね。

私もこのような経験があります。

私の場合は、またその当時平社員だった頃、上司に次のように言われました。

「先々のことを考えて俺の仕事を覚えてみるか?」

私は即座に「はい!」と答えました。

しかし、その当時私は自分で仕事の時間調整をできる立場ではありませんでしたので、自分の業務中は上司の仕事を覚える時間はなく、自分の業務終了後に仕事を教えてもらっていました。

ですので教えてもらっている間は、12時間労働など当たり前で、一度家に戻ってもまた再出勤などの状態でした。

しかし、その当時はやる気に満ち溢れていましたし、上司の期待に応えたいと思っていましたので進んでやっていたと記憶しています。

これが上司に半ば強要されてしていたのでしたなら「パワハラ」や「過重労働」となるのですが、このような場合そのような一方的な見方ができないことがさらに複雑になています。

このことがが賛否が分かれる理由の一つなのです。

ではこの「やりがい搾取」は間違いなのか?それとも正しいのか?

ということの結果としてはいま現在明確な答えが出ていません。

しかし、例えばコンビニの歩合の雇われ店長などがノルマ達成のためや自分のやりがいのために14時間以上も働く状態は・・・

やりがい搾取の問題ではなく心身の健康上よくないと言えるかもしれません。

まとめ

やりがい搾取とは自発的に過重労働をすること

やりがい搾取が良いのか悪いのかはケースバイケース

過重労働はやりがいの云々よりも心身の健康状態の点で問題がある

 

ABOUTこの記事をかいた人

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック