EAP(従業員支援プログラム)とは?意味や具体例


EAP(従業員支援プログラム)とは一体どのようなものなのでしょうか?

ここではEAP(従業員支援プログラム)の意味や具体例をもとに解説していきます。

EAPとは英語表記で(Employee Assistance Program)

EAPとはこのそれぞれの頭文字を取ったもので、「従業員支援プログラム」と訳されています。

主に企業に対するメンタルヘルス(心の健康)やカウンセリング、心の病による休職者の復職支援や業務パフォーマンス向上などを目的とした支援活動のことを言います。

始まりは1940年代のアメリカで先進企業が導入したのが始まりです。

主な目的としてはアルコールや薬物依存症などを解決するプログラムとして始まりました。

それが今現在はもう少し幅広い意味になり、アルコールや薬物依存だけでなく、その対象がメンタルヘルス全般に及ぶようになりました。

またEAPは社内の問題だけでなくプライベートな問題も多く取り扱うのも特徴です。

実際に日本においてもこのEAP(従業員支援プログラム)を多くの企業が利用しています。

これはアメリカの例を見てもわかるのですが・・・

EAP(従業員支援プログラム)を受けている企業が今後も増加していくといわれています。

少し古いデータになりますがアメリカの経済誌『フォーチュン』が選んだ500社のうち約95%がEAPを採用しているとされています。

では具体的にEAP(従業員支援プログラム)にはどのような形態があるのでしょうか?

EAP(従業員支援プログラム)の2つの方法

EAP(従業員支援プログラム)は2つの方法があります。

社内EAP(従業員支援プログラム)と社外EAP(従業員支援プログラム)です。

ではこの2つの違いと特長を解説していきます。

社内EAP(従業員支援プログラム)

社内EAP(従業員支援プログラム)とはその名の通り、社内でEAPに従事する方が常駐して、従業員の相談を受けるというものです。

これは気軽にいつでも利用できるという反面、どうしても対面での1対1での面談が多いという点でプライバシーや情報漏洩のリスクを受ける側が感じてしまうというデメリトがあります。

社外EAP(従業員支援プログラム)

社外EAP(従業員支援プログラム)とは、企業が独立した外部のEAP運用会社に業務委託・顧問契約などをすることによってEAP(従業員支援プログラム)を推進していくというものです。

こちらのメリットとしては外部機関になりますので、秘密保持が確実になされやすいという点です。

デメリットしては社内EAP(従業員支援プログラム)に比べたら割高になるということです。

しかし最近ではこの社外EAP(従業員支援プログラム)を利用する企業が増えてきているようです。

 

アメリカなどでも社内EAP(従業員支援プログラム)よりも社外EAP(従業員支援プログラム)への流れが進んでいるように感じています。

まとめ

EAP(従業員支援プログラム)とは元々とはアルコールや薬物依存の対応から発展してきたもの

今の日本においていは社外EAP(従業員支援プログラム)の方が利用が増えてきているということ

まだまだ日本においてはEAPの歴史は新しいものですので今後の発展に期待をしていきたいところです。

ABOUTこの記事をかいた人

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック