防衛機制とは?その種類や意味

防衛機制

言葉だけを見るとなんのこと?と考えてしまいますが、これも立派な心理学の用語の一つです。

ちょいと難しそうな感じがしますが、心の問題を考える上で、とても重要な言葉です。

今日はこの「防衛機制」について、なるべくわかりやすく説明してみます。

「防衛機制」とは、自分自身の心を、さまざまな方法で守ることです。

たとえば、私たちがテンパった時に、うわーとなって考えがまとまらなくなったり、あああ言ってるだけで実は何も手につけていなかったことが今までの人生で一度くらい程度の差こそあれあったとと思います。

もちろん、自分がうまくそれを乗り切ったりや他人の援助で、なんとか踏ん張って、危機的状況を乗り越えられれば問題ないのですが、残念ながらいつもうまくいくとは限りません。

何がうまくいくかはここでは置いておきます

そんなときに、心が分裂したり、崩壊したりすることを防ぐ心のメカニズムが、「防衛機制」です。

ありていに言えば私たちが自分を卑下しなくて良いように勝手に出来事の意味合いを変えて自分を守ろうとする心理反応です。

この「防衛機制」をウィキペディアでは次のように定義されています

防衛機制とは精神分析で用いられる用語であり、欲求不満などによって社会に適応が出来ない状態に陥った時に行われる自我の再適応メカニズムを指す。

広義においては、自我と超自我が本能的衝動をコントロールする全ての操作を指す。

元々はジークムント・フロイトのヒステリー研究から考えられたものであり、後に彼の娘のアンナ・フロイトが、父の研究を元に、児童精神分析の研究の中で整理した概念である

では防衛機制とは一体どのようなものがあるのでしょうか?

ここでは幾つかの例をあげていきます。

様々な防衛機制

抑圧

自分自身の中で、自分自身が受け入れられない考え方や感情、記憶を否定し、なかったこととしたり、無理矢理忘れようしたりすることです。

世間からの避難・嘲笑・拒否を恐れて、無意識に欲求を表すことをしなかったり、満足を諦め我慢すること

抑制

不安を感じるような物事について、意識的に考えないようにしたり、願っても手に入れることが難しいと思われることについて、考えるのを避けたりすること。

これが無意識的にいき過ぎて行われると「抑圧」になります。

損か得かを理屈で考えて、あるいは状況を考慮して、意識的に欲求の表すことをしなかったり、満足しない選択をすること

昇華

現実の社会で認められない欲求や衝動を、芸術やスポーツといった誰にでも認められる高次の価値を実現することで、発散します。

例えば、性的欲求を詩や小説に表現 することなどである。

めっちゃいい方法に感じますね

合理化

何かと理由をつけて、自分自身の正当性を確保したり、ほかのものに責任転嫁をしたりすることです。

イソップ寓話『すっぱい葡萄』が例として有名

置き換え

実際に不安や恐怖、怒りを感じる対象ではなく、代理となるものに、その不安や恐怖、怒りを感じたり、ぶつけたりすることです。

例としてこんなことわざが「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」

知性化

感情や痛みを難解な専門用語を延々と語る などして観念化し、情緒から切り離す機制

出来事を理屈をいっぱい語ることでなんとか落ち着かせようとする場合など

退行

耐え難い事態に直面したとき、現在の自分より幼い時期の発達 段階に戻ること。

戻ることで自分が心地よい環境にいる状態に戻ることで自分を守ろうとすること

逃避

「葛藤」を引き起こすような状況から逃げ出すことで、不安や緊張、恐怖をなくし、自分自身を守ろうとすることです

現状が苦しいので、他のものに心的エネルギーを出して、現状の苦しさを回避すること

同一化

他人が持っている優れた能力や実績を、自分のものであるかのようにみなしたり、感じたりすることです。優れている他人と同じような行動をすることも含まれます

投影

自分自身が「抑圧」している考え方や感情を、ほかの人が持っているように感じてしまうことです。

例えば、自分が性的な欲望を感じている相手に対し、相手が自分に情欲を感じていると思い、「誘惑されている」と勝手に感じたりする

反動形成

「抑圧」した考えや感情と正反対のことをする「防衛機制」です。

自分の弱さを人に知られたくないし自分も認めたくないので、それを克服すべく他の極端に走る。

補償

たとえば、勉強ができないという劣等感を、スポーツをがんばって、ほかの人より優れることで補おうとするようなことです。

劣等感情を克服する方法。建設的な防衛機制と言われています。

このように防衛機制は様々なものがあります。明確にこれだと判断できるものもあればう〜んどれになるのだろうか?と思うものもありますが・・・

私たちは自分を守るのに様々な手段をとっているのだと改めて感じます

ABOUTこの記事をかいた人

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック