Fish哲学(フィッシュ哲学)とは?意味や解説

Fish哲学?フィッシュ哲学とは?

みなさんフィッシュ哲学と聞いたことはありますか?

今日はこの「フィッシュ哲学」について意味や解説を載せておきます。

フィッシュ哲学とは簡単に言うと

人材マネジメントの手法の1つ

と表現することができます。

ではどのような経緯でこの「フィッシュ哲学」作り上げられたのか?

について解説していきます。

フィッシュ哲学の成り立ち

場所はアメリカのシアトルにあるパイク・プレイス公営市場です。

寂れてどうしようもないこのパイクプレイス公営の魚市場が、4つのことを意識することで見事に活気ある魚市場に復活したことから名付けられた哲学です。

これを魚市場を引っ掛けで「フィッシュ哲学」と呼ばれるようになりました。

ではこのフィッシュ哲学は何を意識することが大事なのでしょうか?

ここではフィッシュ哲学で意識する4つのポイントを説明していきます。

①Be there②Make their day③Play④Choose your attitudeです。

それぞれを解説していきます

フィッシュ哲学の4つのポイント

①Be there

この意味はお客様に意識を向けるということです。

多くの職場ではせっかくお客様が来てくださっているのに、それを最優先にせずに、他のことをしてしまっている場合が多々あります。

もちろんそれが業務の効率化や次の仕事の導線になっていることが多いとは思いますが、まずはお客様を最優先して意識を向けるということを示しています。

②Make their day

2つ目の「Make their day」は、直訳はあなた方が喜んでもらうです。これはお客様を楽しませるという意味となります。

お客様をどのように楽しませることができるのか?そこを意識することが大切だと言っています。

お客様がただ買い物をするという行為を促すのではなく、お客様に喜んでもらうもしくは幸せを感じてもらうようにするという意識をすることが大事だと言ってます。

③Play

3つ目はPlayです。

ここでの意味としてh「遊ぶ」という意味が近いかもしれません

多くの接客業などでは相手に不快を与えないように指導教育が行われます。

これが間違っているというわけではなく、仕事を職場を楽しみましょうという意味です。

働く人が楽しくしていたらそれが多くの人の伝わっていくということです。

④Choose your attitude

この「Choose your attitude」の意味では「あなたの態度を選びましょ」ということになります。

ありていに言えば仕事や顧客への態度を、自分で考えて選ぶことが大事だと伝えています。

上司の目や同僚部下などの目に怯えて態度や言動を決めるのではなく、顧客や自分や組織にとってどのような気持ちで仕事に取り組むのがよいかを自分で考えて決めるということです。

まとめ

このようにフィッシュ哲学は4つのことに意識して働きましょうと言っています。

お客様を見て、喜ばせ、自分たちも楽しい言動をしましょう〜という意味と考えられるかもしれません

でもそんなさかな市場でしたなら行ってみたいと思いませんか?ということです。

このフィッシュ哲学は今は多くの企業に導入されています。

そうはいっても職場では色々な考え方がありますから、意見の対立や衝突が社員同士起こってしまいます。

そんな時はどうしたら良いのでしょうか?

その答えは

意見が衝突ばかりする職場を変える5つの方法!

をごらんください。

ABOUTこの記事をかいた人

高木鉄平

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック