社会人基礎力の定義や育成の手引き


社会人基礎力

今とりわけ社会人に必要なものは一体なんなのでしょうか?

まず多くの方がこのことに疑問を持つのではないでしょうか?

今日は経済産業省が提唱している「社会人の基礎力」について書いていこうと思います。

では「社会人基礎力」とはいったいなんなのでしょうか?

社会人基礎力の定義

経済産業省は社会人の基礎力を次のよう定義しています。

「社会人基礎力」とは、「前に踏み出す力」、「考え抜く力」、「チームで働く力」の3つの能力(12の能力要素)から構成されており、「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」として、経済産業省が2006年から提唱しています。企業や若者を取り巻く環境変化により、「基礎学力」「専門知識」に加え、それらをうまく活用していくための「社会人基礎力」を意識的に育成していくことが今まで以上に重要となってきています。

つまり社会人基礎力とは「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」と定義されているんですね

主に社会人基礎力は3つの部分12の能力要素で構成されています

①前に踏み出す力(アクション)
主体性・働きかけ力・実行力

②考え抜く力(シンキング)
課題発見力・計画力・想像力

③チームで働く力(チームワーク)
発信力・傾聴力・柔軟性・状況把握力・規律性・ストレスコントロール

全部で3つの項目と12の能力要素で構成されています。

細かく見ていきますね

前に踏み出す力(アクション)

前に踏み出す力(アクション)はさらに3つの部分で構成されている

①主体性:物事に進んで取り組む力

②働きかけ力:他人に働きかけ巻き込む力

③実行力:目的を設定し確実に行動する力

考え抜く力(シンキング)

①課題発見力:現状を分析し、目的や課題を明らかにする力

②計画力:課題の解決に向けたプロセスを明らかにし準備する力

③想像力:新しい価値を生み出す力

チームで働く(チームワーク)

①発信力:自分の意見をわかりやすく伝える力

②傾聴力:相手の意見を丁寧に聞く力

③柔軟性:意見の違いや立場の違いを理解する力

④状況把握力:自分と周囲の人々や物事の関係性を理解する力

⑤規律性:社会のルールや人との約束を守る力

⑥ストレスコントロール:ストレスの発生源に対応する力

kiso_image

これらの社会人基礎力はこのほかにも「基礎学力」「専門知識」などと一緒に育成することにより効果的に成長を進めていける。

考えさせられるのはこれが厚生労働省が作ったものではなく経済産業省が作ったという点です。

社会人となりアラフォーの私にもこの社会人基礎力はなかなか考えさせられるな〜と思います。

またこれを推進するために社会人基礎力協議会などもあり、大会なども催しが行われている。

社会人基礎力育成の手引き

社会人基礎力とはどの時期に育てるのがよいのでしょうか?

「社会人基礎力」は、どのくらいの年齢で育てるのがよいのでしょうか。?

それぞれ意見はあるとは思いますが、どの年齢でも育てるのに遅いということはないと考えられます。

しかし、【社会人基礎力】は、誰かに言われたからと言って簡単に育つものでもありません。

本人が高めようとする意識が低ければ低下してしまう ものでもあります。

その意味で、高めようとする意識が本人に必要と思われます。

ではいつその意識が高まるのかというと、成長しようというエネルギー、他人や環境から受ける影響への 順応性の高さ、発想の柔軟さ、そして社会に対する畏怖感や謙虚さなどを持つ、子どもや若者にこそ育ちやすい能力・資質なのではないでしょうか?

「前に踏み出す力」の背景にある達成動機などは、まさに若い時代でないと育たないと 言われています。

「チームで働く力」など他者との関係を構築するような力も、やはり 代の頃に原型が作られるようです。

したがって、本格的に仕事を始める前の大学時代は、「社会人基礎力」の育成において非常に大切な時期と言えるのではないでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック