プレミアムフライデーの意味や効果

プレミアムフライデーとは?

プレミアムフライデーとはどのような意味なのでしょうか?

ここでは実際に行われたプラミアムフライデーの意味や効果などをこちらでは説明しております。

そもそもプレミアムフライデーはどのようなものでしょうか?

プレミアムフライデーの意味

プレミアムフライデーは、月末の金曜日は15時をめどに退勤できるようにする取り組みです。

15時に仕事が終わることによって買い物や旅行を楽しんでもらう全国的なキャンペーンです。

プレミアムフライデーはいつから始まった?

政府と経済界が呼びかけ、2月24日(金)にスタートしました。

ではプラミアムフライデーは由来はどこからなのでしょうか・

プレミアムフライデーの由来

もともとこれはアメリカの「ブラックフライデー」をヒントに作られたと言われています。

このアメリカのブラックフライデーは11月下旬の感謝祭近くの金曜日に、クリスマス商戦が本格化する時期に消費を刺激することになったところを参考にしたと言われています。

では初めて今年プレミアムフライデーを実施した日本ではどのような効果があったのでしょうか?

プレミアムフライデーの効果

職場でプレミアムフライデーが実施された人は2.8%、奨励は7.7%
実施・奨励の割合は企業規模に比例。『500人未満』では9割以上が実施・奨励されず。
実際に早く帰った人は有職者の3.7%。当日の退社時間は15時台が最多。
当日は「自宅で過ごした」人が最も多く、次いで「食事に行った」、「買い物に行った」

となっております。

では実際にこのプレミアムフライデーが導入されている企業なのに当日この制度を利用しなかった人たちはどのような理由なのでしょうか・

プレミアムフライデーなのに早く帰れなかった人たちの多くの人たちが話していた理由が次のようになります。

仕事が終わらなかった

ということです。ほとんどがこの理由だったと調査の結果わかりました。

まだまだ皆さんの意識も高くないのだということが浮き彫りになりました。

ABOUTこの記事をかいた人

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック