新規事業者には必ず読んでほしい「リーン・スタートアップという概念」

リーンスタートアップという考え方

ここではリーンスタートアップという意味を解説しております。

そもそも「リーン・スタートアップ」とは英語の表記では Lean start up という表記になります。

この考え方はもともと2008年にアメリカのアメリカの「エリック・リース」が提案しています。

まあ簡単にお伝えするとするとスタートアップまたは起業のための手法ということになります。

というのは今の企業の寿命(盛期)は30年どころか、10年以下と言われています。

もっとも短い論説だと5年とも言われています。

ですから企業を永続するためにも、また発展させるためにも新規事業は必要になってくるのです。

その新規事業を効率良く上手に進める考え方がこの「リーンスタートアップ」という考え方です。

私たちの起業という昔のイメージでは何かしらのアイデアや商品があってそれによって成功するかどうかが大きな割合を持っている考えられていました。

ですから「企画」や「計画」を事前にじっくりと考えて練り上げて、それを実行に移す。

というプロセスが大事にされていました。

しかしそれがお客様の要望で本当に当たっていれば良いのですが・・・

もしお客様のニーズと違っていた場合この当たり前の事実に気づくまでに大量の資金と時間と労力を使ってしまいます。

大企業ならいざ知らず中小企業でしたなら致命的なロスにもなりかねません。

しかし50年以上続く会社は必ず新規事業を繰り返していたりします。

昔養鶏所だった会社が今はシステム開発がメイン事業の会社になっていたりするのが今の時代です。

ですから企業を永く継続するためには新規事業は必要不可欠かもしれません。

ではそのマネジメント方法のリーンスタートアップとはどのようなものなのでしょうか?

リーンスタートアップでは、自分のビジネスが成功するために検証すべき最も重要な仮説にのみ集中し、早く気づきを得る手法と言えるかもしれません。

起業は金脈ほりだと例えられた方がいました。

まずは小さなあたりの金脈を当てるためには、思い込みを外し、少しでも金脈を当てる確率を上げる必要性があるのです。

金脈が当たったら大量行動をするという次のステージに行くのです。

最初に金脈を当てるまでにはいろいろと試して気づいていくしかないのです。

その1つの手法がこの「リーンスタートアップ」という考え方です。

「リーンスタートアップ」という考え方が正しい間違いではなくこのような考え方があるというのを今回解説させていただきました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

高木鉄平

運営者:高木鉄平 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック